何故初心者向けの教則本や音楽教室は

ギター初心者に最初に難しい事を教えるんだろう?

 

今日は、こんな内容でブログを書きたいと思います。

という事でギター初心者上達委員会 管理人のみちです。

 

 

ギター初心者・入門者の方は、まずギターを始めたら、独学で勉強するなり、誰かに教わるなりすると思います。

 

そんな時に、周りにギターが弾ける友人や兄弟や知人の方が居れば

困った時も聞くことは出来るでしょうが

 

大体の人が初心者のギターとか、ギター入門みたいなタイトルの

いわゆる、ギター教則本ってやつを見るんじゃないでしょうか?

 

もしくは、音楽教室やギター教室で弾き方を教えてもらうなんていう選択肢もあると思います。

 

全く弾き方が分からないなら、誰かに教えてもらうというのは自然な流れだと思うのですが

 

大体ギターの初心者向けの教則本を読んでも、ギター教室なんかで教えてもらっても最初に教える事は

 

コードの弾き語り、というかFコードいわゆるセーハやバレーと呼ばれる押さえ方だったり

 

もしくは

 

ドレミファソラシド(Cメジャースケール)を弾いてみましょうだったりします。

 

でもこれって、ギターを少し弾けるようになったら分かると思うんですけど、ギターを弾き始めたばかりの初心者や入門者にとっては

 

いきなり弾くにはかなり難しいテクニックなんです。

 

Fを練習する理由も、メジャースケールを弾く練習も理由は分かります。

 

Fが弾ければ同じフォームを動かすだけで、基本的なコードは全て弾けますし

(詳しくはギター初心者上達委員会の理論やコードのページを見てください。)

弾き語りもFコードが弾ければ簡単な曲は大体弾けるでしょう。

 

 

でも、Fコードは基本的なコードの押さえ方の中では一番難しいというか音が出るようになるまでが大変です。

 

Cコードとかなら、押さえ方を教えれば誰でも音が出るレベルです。

 

 

ドレミファソラシドの練習も、ギターの指使いやピッキングを覚えつつ何処を押さえれば、何の音が出るかを覚えるには最適です。

 

でもこれって、楽譜(5線譜)が読めて、ピアノみたいに楽譜を見ながら演奏できる事が前提の教え方なんですね。

 

ピアノなら鍵盤を押さえれば音も出ますし、楽譜を見ながら演奏する楽器なので分かりますが

 

でもギターは、クラシックのコンサートで弾くようなギタリストでなければ、プロでも全部5線譜で指定された音の書かれた楽譜を見て演奏することなんてまずありませんし、せいぜいコード進行が書かれた楽譜を見て、自分なりのアレンジでギターを弾くんです。

 

自分の場合メジャースケールを弾く練習は、多分ギターを始めて3年位たって、プロになりたいと思った時に初めて真面目に運指練習として取り組みました。

 

上手く弾けるようになって、たしかに上達はしましたが、ハッキリ言って今まで色々弾けるようになったギターソロよりも難しく感じました。

 

1弦に対して2音もしくは3音と不規則なパターンで、6弦から1弦まで弦移動して、小指も使ってオルタネイトピッキングで弾くメジャースケールは、初心者にとっては両手が難しいことだらけなんですね。

 

 

初心者の方にそれを教えても、ギターが弾けるようになる前に苦痛で辞めてしまうでしょうし、なにより面白くないでしょう。

 

ドレミはメロディーやソロを弾くために練習するのであって

ギターで弾きたいのはドレミではなくメロディーですからね。

 

何回も書いていますが、ギターが上達する秘訣はギターを弾くことが楽しいと思えることだと思うんです。

 

で、初心者の方が一番楽しいと思う瞬間て、曲が弾けるようになったときだと思うんです。

 

自分の好きな曲のCDと同じことが出来たとか、そういう瞬間が楽しいんです。

 

今なら、タブ譜がありますし、テクニックも分からなければ動画やライブDVDなんかを見ればどうやって弾いているか分かります。

 

だから自分は、ギターを弾き始めた初心者には簡単な曲でも良いからメロディーが弾けるように練習することをおすすめします。

 

弾き語りとかしたい人は、Fコードの必要無い簡単な曲で、1曲弾けなくても良いから、Aメロとかサビだけでも弾きながら歌えるようになる事

 

それが出来るようになれば、1曲通して弾けるようになりたくてもっと練習すると思いますし、もう少しで曲が全部弾けるようになるというモチベーションにもなると思います。

 

難しいコードの押さえ方とか、ドレミとか、楽譜の読み方とかはその後で良いんですよ。

 

多分プロギタリストの方が聞いたら、タブ譜なんて使うな!耳コピと5線譜だけで弾けるようになれ!って怒られますけどね(笑)

 

でもそれもプロになりたいと思ったら勉強すれば良いんです。

 

まずはギターが弾けるようになってギター楽しい!って思えるようになりましょ。

 

 

それでは

 

-ギター初心者上達委員会 みち-