こんにちは

 

ギター初心者上達委員会 管理人のみちです。

 

今日はギター初心者の最初の関門とも言われている

 

Fコードの押さえ方、というかギターコードのセーハのコツについて書きたいと思います。

 

何故このFコードのセーハがギター初心者の関門になるかというと

 

人差し指で6弦を押さえつつ、1弦と2弦も人差し指の腹で押さえて全部の弦を押さえなければいけないという事と

 

ギターの中でも一番押さえるのに指の負担が掛かる、ギター初心者の方が押さえた時に恐らく一番固くというか重く感じる1フレットを押さえなければならないという2点があると思います。

 

 

この固い弦を押さえなければならないという説明をしてしまうと、左手に力を入れなければならないと思ってしまうかもしれません。

 

実際にギター初心者の方で、音が上手くならないから力を入れて押さえようとしてしまう方が多いように見受けられますが

 

Fコードというかセーハうんぬんよりも、ギターの弦を押さえるのに力は必要ありません。

 

勿論、ギターの弦を音が鳴る程度まで押さえるのに力が全く要らないと言ったら嘘になりますが

 

腕にグッと力が入ったり、親指と他の指を握るような力は一切必要ありません。

 

もし、ギターを練習していてこのような感覚がある方が居ましたら、それは力みすぎて余計な力が入っています。

 

ギター上達の妨げになりますので、今すぐリラックスして力を抜く事を覚えていってください。

 

感覚を説明するのは難しいのですが、ギターの弦を触って音が出ればそれ以上の力は入れなくて大丈夫です。

 

指で軽く触った程度の感覚でもギターの音は鳴ると思います。

 

 

それでは、ここから本題のFコードのセーハの押さえ方ですが

 

ギター初心者の方は、Fコードの音が鳴らないと

押さえ方が弱いと思って力を入れてしまう方が多いように見受けられます。

 

親指と人差し指の間にグッと力を入れるような感覚になっていないでしょうか?

 

もしくは、人差し指の掌側、指の腹と言いますか、指の関節を曲げると曲がる方の部分がギターの弦に多く触っている事は無いでしょうか?

 

これだと手に力を入れた時に、人差し指の関節が曲がってしまって、逆に指がギターの弦から離れてしまいます。

 

厳密に言うと、ギターのフレットから弦が離れた状態で触れている、要するにミュートしている常態ですね。

 

これでは、いつまでたってもFコードのセーハの音は鳴ってくれません。

 

もっと指の側面、人差し指の親指側の部分を弦に当てる感覚です。

 

試しに人差し指1本を立てて、そのまま人差し指を、親指や中指の方向に押してみてください。

 

全く曲がらないと思います。

 

この感覚で弦を触ると、1フレットの弦が全て押さえられ、力を入れなくても全ての弦を鳴らすことが可能です。

 

多少腕や指に力が入っても、曲がる事はありません。

 

 

では次に、ギターのネックを指で挟むときの構え方ですが

 

これも、座ってギターを構えた状態でギターを自然に握ると、人差し指が曲がる方向にギターを握ってしまうと思います。

 

なので、人差し指の側面を当てる為に、親指の位置をネックの中心、大体3弦と4弦の間辺りまで下げて、手首をグッと前に押し出して見ましょう。

 

多分これでも感覚が分からない方も居ると思いますので

 

まずは親指の事は忘れて、人差し指の側面がギターの1フレットに真っ直ぐ当たるように当ててみてください。

 

人差し指を当てたら、親指はそのままネックの裏側に添えるだけです。

 

少し窮屈に感じるかもしれませんが、これがFコードをセーハで弾く時のフォームです。

 

慣れれば特に気にすることなく弾けるようになりますので、まずはこのフォームに慣れましょう。

 

Fコードを弾いた後に、掌を開いて正面から見ると、人差し指の左側1/5位の範囲にしか、ギターの弦を押した跡が付いていと思います。

 

もし、この状態で手首が痛くなるという方は、無理をしないで楽な位置まで手首を戻してみてください。

 

それで音が鳴らなければ、手首の柔らかさが足りないかもしれませんので、少しずつ慣れていくか、手首をブラブラさせたり、ストレッチしたりして、手首をひねった状態でも痛みを感じないように、腕全体の柔軟性を高めて行きましょう。

 

以上で、Fコードのセーハの押さえ方を終わります。

 

今までFコードが上手く鳴らせなかったギター初心者の方が、少しでもFコードのセーハの弾き方を覚える手助けになれば幸いです。

 

-ギター初心者上達委員会 管理人みち-

スポンサーリンク