こんにちは

 

ギター初心者上達委員会 管理人のみちです。

 

今日は、ギター初心者の方が、というかギターの道を志す方が絶対に聴いておくべき音楽とかギタリストとかバンドの話をしたいと思います。

 

今から挙げるバンドとかギタリストは、別に自分がギタリストとして絶対聴くべき!

と思っているからとかではないです。

 

音楽なんて自分の好きなものを聴けばいいし、それを楽しむものだと思っています。

 

ただ、プロを目指すとか、自分の好き嫌いではなく本当に良いギタープレイって何なの?って考えた時に

 

自分の好きなギタリストとか、今流行っているバンドや音楽を聴いても必ずしもその答えになるギターが聴けるわけではないので

 

好き嫌いは関係なくこういうものを知って居ないと駄目だよって事ですね。

 

これは、自分の考えではなくて、自分がプロを目指して居ますといった時に、実際にプロのギタリストの方から言われた事で

 

今から挙げるバンドやギタリストも実際にそのプロギタリストの方に、これ知らないとプロになったときこいつ駄目だなって思われるよ。

 

と言われたバンドやギタリストです。

 

一応重箱の隅をつつかれないように言っておきますと、ここで挙げるバンドやギタリストはごく一部、というか必要最低限だと思っておいてください。

 

たくさんギターを弾いて練習して色々な音楽を聴いていけば

 

これも聴かなきゃ駄目だな、とかこういうギターも弾けるように練習しなきゃ駄目だなっていうのは身をに染みてわかってくると思いますので

 

では挙げていきますね。

 

まずは

 

・ビートルズ

 

ギタリストはジョージハリソンとギターボーカルのジョンレノンですね。

一応ジョージが歌っている曲もありますけど

 

ビートルズは全部のアルバムを聴かないと駄目だと言われました。

 

現代のポップスでやっている事は全部ビートルズがやっているとか

 

簡単に聞こえて凄く難しいことをやっているとか

 

何階聞きなおしても新しい発見があるとか

 

ライブでギターが耳障りでギンギンなギターしか弾けなかったときもビートルズをコピーしろと言われましたね。

 

聴く人によっては、音が古臭いポップスみたいなイメージがあるかもしれませんけど

録音とかアレンジのアイディアに溢れていて、時期によって全然違う音楽をやっていたり

 

どこかで聴いた事があるようなコード進行や音作りとか録音をしているんですけど、逆に言えばビートルズが先に全部やっていたってことですね。

 

曲を作ったりアレンジを考えるようになって、もっとビートルズを良く効いておけば良かったなと思いましたね。

 

いきなり全部揃えるのは金銭的にもきついと思いますので

有名なアルバムから入ってみれば良いんじゃないでしょうか?

 

ベスト版より、オリジナルアルバムを何枚か聴く事をお勧めします。

 

 

次は

 

・ジミヘンドリクス

 

ギタリストには言わずと知れたギターの神様です。

ジミヘンも全部コピーしろって言われましたね。

 

ジミヘンのギターの良さが分からないならギターの事分かってないと言い切っても良い位です。

 

オブリガードとかでも違うフレーズをかっこ良く弾いたり

めちゃくちゃ弾いてるような事でも毎回きっちり弾いてたり

 

音価というか音の出し方も凄いですね。

リトルウィングとかヘイジョーとか、細かい音の出し方やニュアンスまでコピーして欲しいですね。

ロック好きな方にはファイヤーとかパープルへイズとかから入ればかっこ良くて良いんじゃないでしょうか?

 

次は

 

・クリーム時代のエリッククラプトン

 

この人もギターの神様ですね。

 

神様って何人居るんでしょうか?w

冗談は置いておいて・・・

 

今はアコースティックギター片手に歌うボーカリストって感じですけど

クリーム時代のクラプトンはソロを弾きまくるバリバリのブルースギタリストですね。

 

日本ではイギリスの3大ギタリストの一人に数えられています。

まあ、日本だけなんですけどね。

 

この人はブルースを覚えるのにも最適ですし、ブルースとかマイナーキーで使えるフレーズのネタの宝庫です。

 

とりあえず、スタジオ録音とライブ版の2枚組アルバムWheels of Fire 邦題はクリームの素晴らしき世界

を聴きましょう。

 

ライブ版の1曲目に入っているクロスロードは騙されたと思って完全コピーするべしですね。

 

ブルースギターの代表曲的な曲ですし、セッションライブなんかでも使用される楽曲です。

 

まあコード進行は普通のブルースなんですけどね。

 

テクニック的な部分だけ取り上げると中級者レベルだとは思うんですけど、ギター初心者の方だけじゃなくてハードロックとかテクニカルな音楽ばっかりやっているギタリストにとってもコピーしてみたら意外と難しく感じるのではないでしょうか?

 

 

次は

 

・BBキング

 

ブルースの3大キングの一人に数えられ、ブルースの王様と言われているギタリストでありボーカリストです。

 

エリッククラプトンにも大きな影響を与えているギタリストですね。

ブルースを弾いているギタリストで、この人の影響を受けていないギタリストなんて居ないと思いますけど・・・

 

音数も少ないですし、クラプトンとかよりもコテコテの泥臭いブルースですけど

 

1音1音に感情のこもったプレイとか、チョーキング1発の音で黙らせるようなプレイはこの人の右に出る人は居ないんじゃないかと思っています。

 

お前のギターは感情がこもっていないと言われ、延々とBBキングだけを2週間近く聞かされたギタリストが居たとか居ないとか

 

 

次は

 

・デヴィッド・T・ウォーカー

 

ソウル・R&B系の大御所ギタリストで、バッキングのお手本みたいなギタリストですね。

 

マイケルジャクソンとか、スティービーワンダーとか、ダイアナロスとか、キャロルキング、他にも数え切れない位の作品に参加しているスタジオミュージシャンでもあり

 

日本ではSMAPやドリカムの作品とかライブでギターを弾いていたので、何も知らずにこの人のギターは聴いていたなんてこともあるかもしれません。

 

マイナーセブンスコードとかセブンスコードに小指でテンションノートをハンマリングとプリングで加えたりするアルペジオも

色々なギタリストが弾いていますけど、この人の代名詞的なプレイなんじゃないですかね?

 

スタジオミュージシャンがギターを録音するときにデヴィッド・T・ウォーカー見たいに弾いてなんて言われたりする事もある位で

 

とにかくバッキングギターの教科書的なギタリストですね。

自分はキャロルキングのつづれ織りとか良く聴きました。

ギターの音は多分聴き取り難いんですけど、多くのプロギタリストもお勧めしているアルバムなので是非聴いてください。

 

次は

 

・ジェフベック

 

この人もイギリスの3大ギタリストなんて言われていますが

 

自分の中では、存命のギタリストの中で1番凄いロックギタリストはこの人だと思っています。

 

この人は初期の頃は普通にピックを使って弾いていたんですけど、今は全部右手の指でフィンガーピッキングしてギターを演奏しています。

 

過去にライブでピックを落として何も弾けなくなった事に嫌気がさしたのがきっかけだとか本人は言っていましたが

 

個人的には、このフィンガーピッキング以降のジェフベックが化け物レベルで凄いと思います。

 

とにかく前衛的というか革新的なギタープレイをしているギタリストで

 

指弾きでどうやってそのとんでもない音を出しているのか?と思うくらい凄いプレイをしますね。

 

ギターの新しい可能性を示したとかも言われていますけど

 

ギターの表現力という意味では、一番凄い位のギタリストじゃないかと思っています。

 

 

次は

 

 

・レッドツェッペリン

 

ギタリストはジミーペイジです。

 

他のメンバーもボーカルのロバートプラント、ベースのジョンポールジョーンズ、ドラムのジョンボーナムと各楽器、パートのレジェンド達ですね。

 

この人もクラプトンとべックとならぶイギリスの3大ギタリストの一人に数えられていますね。

 

テクニック的には賛否両論あるギタリストなんですけど

全てのハードロックバンドに影響を与えていると言っても良いリフやアレンジのアイデア、それにプロデューサー的な側面で見れば文句無く凄いですよね。

 

天国への階段のイントロのアルペジオが多分一番有名ですけど

それだけじゃなくて、ツェッペリンの曲を聴くと色々なロックバンドやギタリストに影響を与えているのが分かると思います。

 

ライブ版では延々とジャムセッションをしているようなパートがあったりして、最初は何だこれ?って感じなんですけど

音楽の事を理解してくると、凄い事をやっているんだなと気付かされたりします。

 

 

他にも聴いて欲しいバンドやギタリストは色々あったんですけど

文字数が多くなってしまったので今日はこのくらいにしておきます。

 

それではまた

 

-ギター初心者上達委員会 管理人みち-

スポンサーリンク