こんにちは

 

ギター初心者上達委員会 管理人のみちです。

 

 

今日はギターは毎日練習しないと下手になる。

 

 

という事について細かく掘り下げて書きたいと思います。

 

ギターに限らず、楽器全般に言われている事で、毎日練習しないと下手になるとか、1日練習しないと下手になった分を取り戻すのに3日掛かるという言葉が戒めのように言われますよね。

 

これは何故かというと、多分体がギターの弾き方を忘れてしまうんですね。

 

ギターを弾いていないと、左手のフィンガリングに違和感を感じたり

カッティングで手首を柔らかく使えなかったり

オルタネイトピッキングでピックが引っ掛かる感じがしたり

ミュートが上手くできなかったり

 

結果ノイズ交じりで、抜けの悪い演奏になってしまって、ギターの良い音が出せ無いと思います。

 

これって、多分スポーツとかもそうなんですけど、ブランク空けって良いパフォーマンスが出来ない選手の方とか多いじゃないですか

 

それと同じで、ギターも例えば怪我とかして全然弾いていない人が、怪我が治ってギターを弾いてもいきなり良い演奏なんか出来ないんですね。

 

手首というか上半身も固くなっていますし、指も上手く動かないと言うか、独立して指を動かせていた人も、無駄な動きが多くなったり

 

一番物理的にギターの弾き方を体が忘れていると感じるのが、指先が柔らかくなる事ですね。

 

ギターのタコが柔らかくなってフィンガリングの時に違和感を感じたり、痛みを感じたりするわけです。

 

野球のピッチャーが、ランニングで足腰を作ったり、ブルペンで投げ込んで肩を作るのと同じで

 

ギタリストも毎日ギターを弾いて、指先にタコを当てて、指も無駄な動きを減らして全部の指が独立して動かせるようにして、右手も柔らかく使えるようにして

 

ギターの弾き方を体に覚えこませておくというか、ギターを良い音で弾ける体を作っておかないといけない訳です。

 

これをやっていないと、ギターの弾き方を忘れて下手になるし

 

柔らかくなった指先がまた固くなるまで練習したり、手首や指の使い方がスムーズになるまでギターの弾き方を思い出すのに時間が掛かります。

 

これが、毎日練習しないとギターが下手になる理由ですね。

 

さすがに、1日弾かないと取り戻すのに3日掛かるというのは言いすぎというか、ギタリストの世界での格言的なもので大袈裟な表現だとは思いますけど

 

3日ギターを弾かなかったら、感覚を取り戻すのに1日分の練習時間くらいは必要なんじゃないかな?と思っています。

 

ギターが好きなら、毎日練習してしまうのが上達するギタリストなんですけど

 

体の調子が悪かったり疲れていたりすると練習する気にならない時ってありますよね?

 

そんな時もサボったら下手になるぞ!と自分に言い聞かせて、ギターを手にとって練習するのも時には重要です。

 

練習していたり、ギターの音を聴いていたら気分が乗ってくる何て事も良くありますから

 

あ、でも練習のやり過ぎで、体が痛かったり指が痛かったりする時は取り返しが付かなくなる前にしっかりと体と指を休めましょうね。

 

それでは今日はこの辺で

 

-ギター初心者上達委員会 管理人みち-

 

スポンサーリンク