ギターをこれから始めようと思っている方へ

どんなギターを買うかはもう決めましたか?

 

こんばんわ

 

ギター初心者上達委員会 管理人のみちです。

 

 

今日はギター初心者というよりは、これからギターを買う入門者の方向けに

初めて手にするギターの選び方に関系する話を少し書こうと思います。

 

 

私がいつも言っている事なのですが

 

最初に買うギターがどんなものであれ

 

 

ギター入門者セットはお勧めしません。

 

ギターの入門者セットというのは

ギター雑誌のギター販売のチラシページなんかに特価セットみたいに書いてあって、楽器店なんかにも置いてあると思いますが

 

ギターとアンプとシールド(ギターとアンプを繋ぐコード)

それ以外にもギターの弦をチューニングするチューナーとか

コンパクトなマルチエフェクター(ギターとアンプの間に繋いでギターの音色を変えるものです)が付いていたり

中にはギターを肩から掛けるためのストラップとかもついているんでしょうか?

 

まあ、簡単に言うとこれを買えば、ギターの基本的な演奏が出来ますよ!というセットですね。

 

多分全部合わせて2万円位で非常に安く基本的なギターを弾くための機材が揃うというものです。

 

メーカーさんの名前とかはメーカー批判になってしまうので書きませんし

そのメーカーさんの作っているギターが全て駄目という意味ではないので勘違いしないで聞いて欲しいのですが

 

というか、自分が学生時代しか見ていないので、今はどんな入門者セットがあるか自分も詳しくは知らないのですが

 

この入門者用セットをお勧めしないのには自分なりに理由があって

 

 

こういう入門者用のセットに付いて来るギター

 

いや・・・ついて来ると言うと付属品みたいに聞こえますけど、一番メインとなるギターですが

 

基本的に作りが悪いものが多いです。

 

ギターは高価な物なら、職人さんが一つ一つ手作業で調整して作るハンドメイドのものが多いですが

 

安いギターは基本的に機械でライン生産で作られています。

 

まず、ギターという楽器は木で作られているので値段とかとは全く関係なく、同じメーカー、同じ名前の商品でも全く同じ木が使われていません。

 

なので、作られた木の質によって音の質=音の良し悪しが変わってきます。

 

これは、職人さんが手作業で作ろうが、機械生産だろうが同じです。

 

で、職人が手作業で作る高価なギターというのは、基本的に職人さんが木から選んでいるので、質の良い木が使われていることが多いです。

 

逆に値段が安くて、機械で作るようなギターに使われている木は、木自体が大量生産に向いている安く入手出来る木材で、質もあまり良くないものが多いです。

 

音があまり良くないというのは、まだギターを始めたばかりの方にとっては妥協しても良い部分で

上達してくれば、長く続ける時にもっと良いギターが欲しくなると思いますのでその時に音が良いものを選べるようになっていれば良いと思うのですが

 

質の悪い木で、ネックとボディの接続なども機械で行われたギターは

職人さんによる細かい調整やチェックもされていないので

(多分最中チェックで商品としてOKかNGかを判断するくらいはしていると思いますが)

 

ネックが反っている、反っていなくても反りやすかったり、ギターのフレットも音痴な事が結構あるんです。

 

これは、適当に言っているのではなくて

自分の学生時代にギターを買った後輩が居たんですね。

 

多分自分が覚えているだけでも5人くらい買ったんですよ。

みんなお金が無いから、ギター入門者セット買うんです。

 

で、自分は高校時代とかギターが学校で一番上手い人って思われていたので

(過去の自慢話みたいに聞こえたらすみません)

 

後輩が友達伝いとかで自分のところに来て、ギター教えてくださいとか言ってくるんですね。

 

で、その後輩の家に行くと、入門者用のギターを渡されてギター弾いてくださいって言われるんですよ。

 

弾いてみるんですけど、全然上手く弾けないんですね(笑)

 

まあ、聞いているほうは全くのギター初心者なので分からないかもしれないですけど

自分でもビックリするくらい弾けないんです。

 

自分がいつも練習しているギターと他の人が使っているギターならセッティングとか調整が違うんで弾き難く感じるのは当たり前なんですけど

 

音が出無いんです。

 

何でかって?

 

最初からネックが反ってて、音程もあまり良くないから音が出無いし、出ても合っていないから気持ち悪いんですね。

 

自分の記憶だと、入門者セットのギターで弾きやすかったものは1本も無いんですね。

 

ネックの反りとかは、一応調整は出来るんですけど、初心者の方が何も知らない状態でネックの調整なんて出来ませんし、下手をしたらせっかく買ったギターのネックが折れて弾けなくなってしまう何て事もあります。

 

それに音痴というのは、ギターのフレットだったりブリッジが原因なので、しっかり調整が出来るお店とか職人さんにギターを調整してもらうか、最悪フレットを打ち直す必要があるんですね。

(入門者ギターセットが買えてしまう位のお値段が掛かる事もあります。)

 

 

ギターをある程度弾けるようになった人が、弾くのに苦労するようなギターで練習しても

 

ギター初心者の方や入門仕立ての方は上達が遅れるだけですし、全然上手くならないから弾いていて楽しくないと思います。

 

ギターをある程度弾けるようになった今の自分が弾いていても楽しくないと思います。

 

 

そして、なにより一番問題なのはギターが音痴だということです。

 

ギター初心者の方って、今まで別の楽器を弾いていて、音感が備わっているなら別ですが、初めて楽器を触ったりする方は、音程がしっかり聞き取れない人が多いですから

 

それにギターの弾き方も、弦を弾けば音は出せますけど、プロのように良い音の弾き方とか力を抜いた良いピッキングなんて出来ません。

 

基本的に最初は力んでピッキングしているので、音程が狂うんです。

 

実際にチューナーを使って楽譜(タブ譜)に書いてる通りにギターを押さえて、ピックで弦を弾いても音も悪いですし、ピッチも悪いので合っているのか良くわからないというか、楽譜が間違っているんじゃないか?という気さえすると思います。

 

ギターを始めたばかりの時と言うのは、唯でさえそんな状態なのに

 

初めから音程が悪いギターを弾いていると、正確な音程が出せる演奏方法も全く身に付きませんし

 

一番重要な音感とか、耳の良さも全く成長しなくなってしまいます。

 

ですから、初めて買うギターにはあまり無理は出来ないと思いますが

 

最低でもギターだけで3万~5万円位のギターを選んで欲しいと思います。

 

勿論それだけのお金を出しても、ギターに少なからず良し悪しは有りますし

初心者の方には見分け方なんて分からないと思いますから

 

ギターを弾ける人が身近にいるなら、一緒に楽器屋に行って自分が気になるギターを弾いてもらったり、選ぶ時に意見を聞いてみるのが良いと思います。

 

もし、ギターを弾ける知り合いが居なくても、楽器屋の店員さんに初心者で良く分からないのでちょっと弾いて貰えませんか?と頼んでみれば良いと思います。

 

ギターが沢山売っている楽器屋さんなら、少なくともギターを弾ける店員さんは居ると思いますので

 

後、ギターを弾けなくてもとりあえず持ってみるのも良いと思います。

 

自分は初めて買うギターを選ぶ時、気になるギターを3本選んだら全部楽器屋のお兄さんが弾いてみてくれて、弾いた感じも説明してくれて、持たせてもらって一番気に入ったものを選びました。

 

そのお兄さんは、メトロノームも良い音のするものを買った方が良いと言って、自分は良く分からないまま買わされたんですけど(笑)

 

プロを目指してから気づいたのですが、それより良いメトロノームが無かったですね。

今でもずっと愛用しています。

 

今となっては、最初にギターを買った時に尋ねた店員さんがそのお兄さんで良かったなと思っています。

 

これは運もあると思いますし、このブログを見てくれた方のギターを自分が一緒に選んであげる事も出来ないですけど

 

ギターマニアのおじさんとか、元プロとかセミプロの方がやっているような楽器屋さんもあるので、そういう方に尋ねてみるのも良いかもしれませんね。

 

今ならネットがあるので、メールとかで問い合わせても丁寧に答えてくれたりするお店もあると思います。

 

ぜも全国チェーンの量販店とかで通販で買うのは辞めた方が良いですよ。

カタログと同じメーカーや形でも、どんな質のギターが送られて来るかは運ですから

 

個人でやっていて信用できるお店なら最初のギター買うくらいなら良いかも知れませんけど

 

ギターを買うときは、自分で弾いて音を聞いて納得したものを買いますからね。

 

入門者の方にお勧めのギターなんかもそのうちブログにまとめて書きますね。

 

ではでは今日はこの辺で

 

-ギター初心者上達委員会 管理人みち-

スポンサーリンク