ドレミ(Cエジャースケール)を練習するよりギターソロを練習しましょう

 

こんにちは ギター初心者上達委員会 管理人のみちです。

 

 

前回、ギター初心者の方がドレミファソラシドを弾くのは難しいという話をしましたが、今日はそれに関連した話です。

 

ドレミを弾くよりも、ギターソロを練習したした方が良い理由は

 

まず、ギターソロン方が簡単だからです。

 

 

ギターソロというと、ギターの花形プレイでギタリストがステージの前に出てきてかっこよくソロを決めて、指も色々動いているし、コードを弾いているより難しそうだと思う方もいるかもしれません。

 

しかし、ギター教則本なんかに書いてあるドレミの練習を弾くと、6弦から1弦まで全部使用し、1弦に対して2音、あるいは3音の不規則なパターンで、小指も使って・・・と前回とかぶる話ですが

 

初心者には難易度が高いんです。

 

簡単なギターソロなら、3つくらいの弦で弾けたりもしますし

ドレミよりも弦移動が激しくないソロも多いです。

 

ずっと同じ弦を弾いているほうが簡単です。

 

チョーキングやビブラートといった基本的なテクニックも同時に身に付きます。

 

そして、ギターソロはメロディーがあります。

 

メロディーを弾くと、ギターでメロディーを奏でる間隔というか、ギターを歌わせる間隔が身に付きます。

 

ドレミを弾くのは、機械的で面白くないですし、なによりメロディーを弾く時の強弱というかピッキングが身に付きません。

 

また、ドレミをリズム良く弾き続けると、最初は右手が硬くなって良いピッキングが出来ません。

 

同じリズムで規則的なピッキングをするよりも、メロディーを歌いながらリズムを取ってピッキングしていく方が、長く練習出来ますし、何より面白いです。

 

最終的にはドレミも柔らかい手首というか右手の使い方で弾けるようになるのが良いのですが、初心者には難しいです。

 

それに、ドレミだけを練習して指が動くようになったギタリストは、メロディーに抑揚が無く、淡々とした演奏に陥りやすいですし、アドリブを弾いた時も、指の癖で、スケールをなぞる様な聞いていて面白くないフレーズを弾いてしまいがちなんですね。

 

ですから、練習する順番が逆なんです。

 

まずはドレミを弾けるようになって、それからギターソロを練習する

 

ではなくて

 

ギターソロを練習して、もっと難しいソロが弾けるようになりたい

指や右手がもっと思うように動かせるようになりたい

 

と思った時に

 

ドレミ、つまりスケールの練習をする方が、楽しいし上達するんです。

 

でもいきなり、難しいギターソロとか例えば速弾きなんかをやっても挫折してしまいますので

 

まずは、曲のテンポが速くなくて、頭でメロディーを追いかけられるというか、口で歌えるようなメロディーのあるギターソロを練習するのが良いと思いますよ。

 

それでは、今日はこの辺りで~

 

-ギター初心者上達委員会 管理人みち-

スポンサーリンク