前回投降したと思っていたブログがアップできていなかったので凹んでいます。

 

ギター初心者上達委員会 管理人のみちです。

 

今回は、何故ギター教則本や音楽教室は、ギター初心者や入門者に難しいことから教えようとするのか?

 

という話をしたいと思います。

 

 

ギターを始めたばかりの初心者や入門者の方は、ギターを弾いていて分からないことがあった時どうするでしょうか?

 

周りにギターの弾ける友人や知人が居れば、教えてもらう事も出来るでしょうが、そんなにいつでも気軽に質問できるような人は中々居ないのではないでしょうか?

 

そんな時、大体の方がギター入門といったようなタイトルの初心者向けのギター教則本を読んでみたりするのではないでしょうか?

 

楽器屋さんなんかでやっているギター教室に通うなんていう選択肢もあると思います。

 

ただ、大体のギター教則本や音楽教室が、最初に教える事は

 

ドレミファソラシドいわゆるCメジャースケールを弾いてみましょうとか

Fコード(セーハやバレーコードと呼ばれるFコード)を弾いてみましょうだと思うんです。

 

でもこれって、ギターを弾き始めたばかりの初心者や、ましてやギターを持ったばかりの入門者の方にはかなり難易度の高い練習なんです。

 

まず、ドレミファソラシドの弾き方を教えてもらう時は

 

きっと、5弦3フレットか、6弦8フレットから始まる、左手を同じポジションで動かさずに弾くメジャースケールを教えてもらう事でしょう。

 

これって、1弦に対して2音または、3音で弦移動多く、なおかつオルタネイトピッキングで弾く練習だと思うんです。

 

しかも小指のフィンガリングとか薬指+小指を使用するフィンガリングもあります。

 

どうでしょうか?連続した弦移動、小指と薬指のコンビネーション、オルタネイトピッキング

 

右手を柔らかく使い力を抜いてピッキングすることも、左手の指をバラバラに動かすこともままならない初心者の方にはとんでもない難易度だと思いませんか?

 

自分も実際に、スケールをなぞる運指練習をしていた時期がありますが

 

プロを目指そうと思って本格的にギターを練習するようになったり、専門学校に言ってギターの基礎とかフォームとかを学んだりしてからです。

 

それでも、今までコピーしてきたギターソロより難しく感じたのを覚えています。

 

自分は何でこんなに難しいと言われる曲が弾けるのに、ドレミが弾けないんだろうと悩んだことがあります。

 

メジャースケールのスケール練習って実はそれくらい難しいし、右手と左手の使い方というか、基本的なギターの弾き方や力の抜き方がしっかり身に付いていればそれ程苦も無く弾けるんですけど

 

身に付くまでに2~3年は、本格的にギターに取り組む位の必要があると思うんですよね。

 

 

次に、Fコード、セーハして弾くバレーコードのFコードですが

 

これも、基本的なコードの中では一番押さえるのが難しいというか、音を出すのが大変なコードなんですね。

 

これも、弾き方というか押さえ方を身に付ければ簡単なんですけど

 

初心者の方って、そのコツを身に着けるまでがとても大変なんです。

 

 

これらの事を最初に教える理由は分かります。

 

ドレミを覚えれば、5線譜をみて何処を押さえれば楽譜と同じ音が出るか?という事が理解できますし

 

左手の指の使い方や右手のピックの扱い方も練習できます。

 

 

Fコードが押さえられれば、ポジションを動かすだけで、同じようなフォームでメジャーコードもマイナーコードもセブンスコードも押える事ができますし、大体の曲のコードを弾くことが出来ます。

 

ただ、今ならタブ譜という便利なものもありますし、5線譜を見ながら弾くというのは、ピアノを弾く方なら分かりますけど

 

ギターはプロでも5線譜で全ての音が指定されたような曲を弾くことは殆どありませんし

 

基本的にコードが指定された楽譜で、他のパートの音を聞きながらアドリブというか、自分のセンスで演奏します。

 

誰かのバックバンドで決められた曲を演奏する時も、コードを指定された楽譜を見たり、耳で聞いて覚えるということの方が多いでしょう。

 

 

Fコードも音を出すのが一番難しいですから、弾き方を教えたからといって簡単に音が出るものでは有りません。

 

CコードやGコードなら、押さえ方さえ教えれば、ギターを弾いたその日でも音は出すことが出来ます。

 

最初からプロになりたくてギターを手にしたという志の高い方なら別ですが

 

誰かプロのバンドやギタリストを見て憧れたり、ギター弾けたら女の子にモテそうとか(笑)

そういう感じでギターを始める方が殆どだと思います。

 

大事なのは、何度も言っているかもしれませんが、ギターを弾けるようになって楽しいとかそういう事で

 

一番楽しいのって、曲が弾けるようになったりとか、プロが弾いているCDと同じフレーズが自分で弾けるようになったとかそういう事だと思うんですね。

 

皆ドレミやFコードを弾きたくて、ギターを練習しているんじゃなくて、曲が弾きたいから練習しているんですね。

 

まずは、簡単な曲のフレーズとか、コード進行を弾けるようになって

 

どうしても指が動かなくて弾けないと思ったり行き詰ったら、スケールの練習をしたりしてみればいいと思うんです。

 

Fコードだって難しい指の使い方だって、簡単な曲を覚えれば、もっと色々な曲を弾けるようになりたいと思うでしょうし、少しずつ難しい曲にチャレンジしていけば、気づいたら弾けるようになってたりします。

 

ですから、プロの方にはタブ譜を使うなとか、5線譜を読めるようになれとか、耳で聞いて覚えろとか色々怒られるかもしれませんけど

 

ギターを持ってまず最初に練習するのは、自分の一番好きな曲の簡単な部分

 

もしくは、自分が一番好きなバンドの簡単な曲のコピーをして、覚えた部分をCDに合わせて何度も弾く練習をお勧めします。

 

イントロだけでもサビのコードだけでも何でも良いんです。

 

CDに合わせて弾けるようになれば、自然とギターも上達しますし、気持ちよくなってきて、1曲通して全部弾きたいと思えるようになってきますよ。

 

そうすれば、難しいことを練習するのも苦痛ではなく、上手く弾けるようになりたいという良いメンタルで練習できるようになります。

 

それでは今日はこの辺で

 

-ギター初心者上達委員会 管理人みち-

スポンサーリンク