ちょっとブログの更新が空いてしまいました。

ギター練習していますか?

 

ギター初心者上達委員会 管理人のみちです。

 

ギターを始めたばかりの初心者の時に

ギターが弾ける人が色々とお節介を焼いてくるかもしれません。

 

こういうギターを弾けないと駄目だよ!とかね。

 

例えば

 

ギターソロを弾きたいならブルースを弾けるようにならないと・・・とか

ギターはソロよりバッキングなんだからリズム練習をしないと・・・とか

ミューとして音をしっかり止めないと・・・とか

 

こんな事を言われることが多いですね。

 

全部合ってます。

正しいです。

 

でもとりあえずギター初心者の方は出来ないことを色々と気にしながら練習しても楽しくないので上達しません。

 

なのでまずは自分の好きなギタープレイを練習しましょう。

 

いきなり出来ないことばかり練習するよりも、自分が弾いてみたいギターを練習した方が楽しいし集中できます。

結果練習も長続きするのでギターが上達します。

 

それに、自分は初心者だけどこういうギターだったら結構上手く弾けるぞ!

と思えるようになった方が自信も付きますし、もっと上達したいと思えるようになります。

 

自分が好きな事だけ練習して、ギターの弾き方がある程度分かるようになった時に必ず行き詰ってきます。

 

その時初めて自分に足りない物が見えて来ます。

 

自分の足りないものに気づいてもっと上達したいと思ったら、出来ないことを練習すれば良いんです。

 

ブルースギターが弾けなくても、速弾きでピロピロしたいなら速弾きの練習をすれば良いんです。

リズムが走ったって、ギターをかき鳴らしたいならかき鳴らせば良いんです。

ノイズだらけのギターだって、それがカッコいいって事だってあるんです。

 

まずは、自分の好きなギタープレイをひたすら練習して、楽しくギターの弾き方を覚えていきましょう。

 

初心者だって一つの事をひたすら練習して突き詰めていけばギターの弾き方も板についてきます。

 

次のステップに進むのはそれからでも全然遅くないと思います。

 

かといって上級者のアドバイスを全部無視するのも良くないんですけどね(笑)

 

でも、初心者の内はそこまで気にせず言われたことは頭の片隅に置いておく位にしてみましょう。

もっとギターが上達したいと思った時にきっと思い出すと思います。

 

勉強でもスポーツでもそうですけど、始めたばかりのころから出来ないことを一々注意されたらつまらないだけですからね。

 

自分がお前と同じギター暦になった頃には、お前の何倍も上手くギター弾いてやるよ!

位の気持ちで練習してください。

 

何事も一つずつ、まずは自分が得意な事から覚えていきましょう。

 

次回は、さらに上のレベルに上達するための練習方法を書きたいと思います。

スポンサーリンク