今日は、ギター初心者・入門者向けの話でも無くギター上達の話でも無く

ただのギター雑記です。

 

ギター初心者上達委員会管理人のみちです。

 

スマホでGoogleの検索アプリを開くと、あなたにお勧めの記事とかって出ますよね?

自分の検索履歴とか最新ニュースとかどーでもいい芸能人がブログ更新した最新記事とかがでるんですけど(笑)

 

そこに最強技巧派ギタリストによるスペシャル・ライヴ

ジェネレーション・アックスって言う記事が乗ってて珍しく開いてみたんですよ。

 

どうやらスティーブヴァイが企画したライブイベントで、既に全米でツアーを行っているらしく

5人の個性的なギタリストがライヴをやったら面白いというアイディアで、ヴァイ自身が出演者を選んでいるみたいです。

それの、日本公演が春に行われるっていうことですね。

 

スティーブヴァイ曰く

5人の天才ギタリストたちがギター狂宴を繰り広げるかつてないライヴ

らしいです。

 

自分の事も天才って言っちゃってますこの人(笑)

 

まあ、間違いなく天才だと思いますから何もいえませんけど・・・

 

で、このツアーに参加している5人のギタリストが

 

スティーブヴァイ

イングウェイマルムスティーン

ザックワイルド

ヌーノベッテンコート

トーシンアバシ

 

という5人のギタリストだそうで

 

多分テクニカルギターフリークの皆さんには泥酔のラインナップだと思うんですけど

 

自分はこのラインナップを見て、トーシンアバシって誰だ?と思ったわけです。

常に新しいギタリストとかにアンテナを張っている方なら多分誰でも知っている人だと思うんですけど

 

自分は最近、

 

このトーシンアバシというギタリストを知らなかったんですね。

 

少し話を戻すと、このジェネレーション・アックスがどんなライブかと言うと

 

スティーブヴァイのギタリストとしてのツアー企画と言えば

ジョーサトリアーニが企画して3人のギタリストでツアーを回るG3ツアーが有名だと思うんですけど

 

あれは、全編ほぼインスト曲で構成されていて、ギターミュージックを前面に押し出したツアーで

ツアーのバンドメンバーも、それぞれのギタリストが個別にバンドを引き連れてツアーしているライブですけど

 

このジェネレーションアックスはバックバンドのメンバーは固定で

アメリカのツアーでは、ザックワイルドとヌーノベッテンコートがボーカルを取ったり

セッションパートのハイウェイスター(ディープパープルの楽曲)では、イングウェイマルムスティーンがボーカルを取る場面もあったり

イングウェイのブラックスターのギターソロにスティーブヴァイがツインギターでハモリを弾いたりと

 

5人のギタリストがステージを入れ替わり立ち代りでパフォーマンスするライブのようです。

 

以前ヌーノベッテンコートとポールギルバートが共演してDVDにもなったギターワーズが

(あれは、レッドツェッペリンのベーシスト、ジョンポールジョーンズも参加していたのでベースは入れ替わってたけど)

 

ドラムもキーボードもジョンポールジョーンズがステージにいない時のベースも固定メンバーで、それぞれのギタリストの楽曲に他のギタリストが参加する形式だったので、歌物ありきのあんな感じのライブなのかな?と思って居たりします。

 

そもそも、ヴァイとイングウェイはともかく、ヌーノとザックにツアー1ステージ出来るほどインストの持ち曲なんて無いと思うし

(作ろうと思えば作れるでしょうけど)

トーシンアバシについては後述

 

で、この面子を見て何でトーシンアバシなのって思ったわけです。

 

G3でいつも回っているジョーサトリアーニで良いんじゃないかとか

歌物もやるならリッチーコッツェンで良いんじゃないかとか

このスーパーギタリストの共演って名目ならポールギルバートで良いんじゃないかとか

トーシンアバシってプログレ畑の人なんですけど、だったらジョンペトルーシで良いんじゃないかとか

みんなヴァイと共演とかセッションライブとかしてるしって思ったわけです。

 

何でこんなこと言うのかって?

トーシンアバシを知らないからさ!(無知)

別に嫌いとかじゃないです。

ネームバリュー的にって話ですね。

 

で、このトーシンアバシってギタリストについてよく知らないので調べてみました。

 

1983年生まれで、現在34歳

このメンバーの中では一人だけかなり若いギタリストですね。

 

アニマルズ・アズ・リーダーズというプログレッシブバンドのリーダーでリードギタリスト

 

といっても、元々このアニマルズ・アズ・リーダーズはトーシンアバシのソロプロジェクトで

ベースもプログラミングも全てトーシンアバシが一人でやっていたみたいですね。

いわゆるマルチプレイヤーってやつですね。

 

その後サイドギターとドラムが加わり、ベースレスの珍しい形態で活動しています。

ライブでもオケを流しながら演奏していますね。

 

楽曲のスタイルは、メタルが基本でへヴィなリフとテクニカルなギタープレイ満載のバカテクプレイなんですけど

ジャズとか黒人音楽の要素もあって、かなり多彩な印象です。

 

トーシンアバシは8弦ギターを使っていて、8弦ギターの鬼才と言われているとか

ネットの個人の情報なんて当てにならないですけど

 

ギタープレイは、速弾きやスウィープなんていうテクニカルギターは当たり前のように弾きますし

ギターでスラップしたり右手の指を複数使ったタッピングとか、独特な響きのコードワークやアルペジオとかもあってってかんじですね。

 

ちなみに、サイドギターの方も8弦ギター使っていて、トーシンアバシの影に隠れちゃってますけどめちゃくちゃ上手いです。

 

トーシンアバシのプレイはすっごい浅そうな説明すると、ドリームシアターでヌーノみたいなリズムの良いギタリストが多弦ギターでスティーブヴァイみたいな変態的ギタープレイを弾くって感じ

 

うん!やっぱりスゲー浅そうな説明ですね。。。

 

右手のピッキングと左手のフィンガリングはとにかく綺麗で無駄が無い感じで、この辺はお手本にしても良いと思います。

 

ピッキングは結構軽めに弾いている印象で、スティーブヴァイ以後に出てきた速弾きギタリストって感じですね。

 

スティーブヴァイがツアーメンバーに選んだのも分かるわ~っていうようなヴァイの好きそうなプレイをしますね。

 

 

こっからは個人的嗜好たっぷりな感想なんですけど

 

このトーシンアバシ、とにかくテクニカルプレイが上手くて、8弦ギターを使っているだけあってスウィープとかコードワークとかもやはり変わった押さえ方で押さえないといけないからか、指の動きがおかしいというか、変な角度で動いているようにさえ見えます。

 

スウィープとかもしっかりストレッチして音を次のピッキングギリギリまで押さえているような、それでいてノイズはしっかりカットしている。

運指もとにかく無駄が無くて速くてスムーズですね。

 

ただ、自分としてはクリーントーンでのコードやアルペジオプレイとか、スラップとかがとにかくカッコいいって感じです。

タッピングもクリーントーンで弾いているほうが好きです。

 

コードワークとか覚えたい位ですね。

この辺は今後チェックしてみたいと思います。

 

スラップに到っては、バックでなっているキーボードの音とも絡んでいるせいか、もう訳が分からないよ・・・って感じで

音的にもどうやって弾いているの?って感じますね。多分オケと重なっているからそう聞こえるんでしょうけど

 

で、歪みのプレイなんですけど、8弦ギターがへヴィ過ぎて自分にはコード感が無いと言うか、何を弾いているか聴き取り難いですね。

正直ずっと聴いているのはへヴィ過ぎて辛いです(苦笑)

ジェネレーションアックス繋がりで言うとザックワイルドの超ローダウンチューニングのアルバムもそうでしたけど

 

速弾きやスウィープに関しては、とにかく右手も左手も無駄が無くて綺麗でバカテクで上手いんですけど

特別新しい響きだったり、カッコいいメロディーラインとかって感じではなくて

指の使い方とか、右手の使い方はあんな風に動いたら良いなー(遠い目)って感じなんですけど

特別コピーしたいとかそういうフレーズは弾いてないですね。(あくまでも個人の感想)

 

ただ、今回のジェネレーションアックスの出演者の中でも、ここまでテクニカルな音源を出しているギタリストは居ないと思います。

イングウェイの手癖速弾きを含めるならともかく、ザックもヌーノもここまでテクニカルに弾いていないし

ソロとかフレーズも完全にアドリブとかじゃなくて、しっかり構築されている感じだから、やっぱりスティーブヴァイに近いのかな?

ヴァイも全部聴いたわけじゃないけど、テクニック的にはここまでやってたっけ?って思うくらいテクニカルです。

 

まあこのメンバーで並んでもテクニック的に見劣りするって事は絶対に無いでしょう。

ギターの音とか存在感とか、アドリブで弾いた時のフレーズとかはライブ見ないと分かりませんけど

他の4人が音とかギタープレイの存在感が確立され過ぎているので

 

自分もこのジェネレーションアックス見てみたいなーと思ったんですけど

公演は名古屋、大阪、東京のZEPPで行われて

 

1Fスタンディングで1万円

2F指定席で2万円!

たっか!

 

洋物アーティストのライブってこんなに高かったっけ?

 

ストーンズとかマッカートニーとかのドーム公演なら分かるけども

 

MR.BIGもエクストリームもホールクラスなら1万もしなかったような(うる覚え)

 

チケットぴあでしか取り扱ってないみたいなので、興味のある方は問い合わせてみてください。

自分もスケジュール空けれるようだったら行ってみたいです。

 

これだけのギタリストが共演するって中々見られないですしね。

ヌーノ以外のギターは生で聴いたこと無いので、是非一度聴いてみたいですね。

 

自分ももっと新しいギタリストとかチェックしないとなー

 

と色々言いつつも、自分はやっぱりトーシンアバシじゃなくてポールギルバートで良いじゃん!と思ってしまうのでした。

 

おしまい

 

-ギター初心者上達委員会 管理人みち-

スポンサーリンク