ギターを演奏する際にアクセントを付ける事は非常に重要です。

 

例えば、ギターソロを弾くときにアクセントを付けないと盛り上がりや感情の起伏の無い淡白な演奏になってしまいます。

ボーカルで言ったらAメロもサビもずっと同じテンションで淡々と歌っているようなものです。

 

またバッキングにおいてもアクセントを付ける事でリズムにグルーヴが生まれノリのある演奏になります。

 

ギター初心者や入門者の方がアクセントにあまり気を使っていないのは、リズムセクション、主にドラムのビートがハイハットで刻んでいるリズムにスネアとバスドラを入れることで勝手にアクセントになっているのでノリが出ていると思ってしまっているからではないでしょうか?

 

バンド全体が曲のノリやアクセントを意識することで、演奏はさらに良いものになりますし、このアクセントを意識することもギター上達の秘訣の一つだと思います。

 

ギター初心者上達委員会のみちです。

 

更新が大分滞ってしまいました。

 

パソコンが壊れてしまいまして、新しいPCを用意したり環境を整えていたら大分時間がかかってしまいました・・・

 

新しいPCもゲットしたのでまたちょいちょい更新していきたいと思います。

 

 

ということで今日はギター演奏時のアクセントについての基本的な話です。

 

ギターのアクセントはギターを演奏していると少し付けただけで、強弱を付けて弾けているように聞こえるかもしれませんが

 

聞いている人、特に楽器を演奏しない素人さんが聞くと多少のアクセントではハッキリ強弱を付けて弾いているように聞こえないのです。

 

これは、単純に耳が肥えて居ないということもありますが、楽器をやっていない素人さんて基本的にここのギタープレイがどうのこうのなんて考えながら聞きませんよね?

 

もっと曲全体の雰囲気を聞きながらボーカルのメロディーラインと歌を聴いていると思います。

 

バンド演奏時に多少のアクセントでは、他の楽器に埋もれてしまって強弱を付けても分かりにくいというのもあります。

 

なので、ギターを演奏するときに付けるアクセントは聞いている人がハッキリ分かる位に大袈裟に付けるようにしましょう。

 

一人でギターを弾いているときは、アクセントが付きすぎておかしくないか?と思うくらいでも

バンドのオケに混ざった状態で聞くとそうでもないと思うことが良くあります。

 

なので強弱は少しクドイくらい付けて練習するようにしましょう。

 

どれくらいアクセントを付けたら良いかは、自分の演奏をオケに合わせて録音してみたり、バンドの演奏を録音して聞き直してみるのが一番良いと思いますが

 

それでも、自分が演奏しているギターフレーズというのは頭の中にしっかりフレーズが鳴っているので何も曲やフレーズを知らない聞き手よりもハッキリと聞き取れるという事を意識して

 

オケの中でもしっかり強弱を付けて弾けていると分かる位大袈裟にアクセントを付けましょう。

 

聞いている人にここにアクセントを付けて弾いているんですよ~!

と説明してあげるくらいのつもりで良いと思います。

 

最初はアクセントが付きすぎて違和感を感じる人も居るかもしれませんが

録音して何日か寝かせてから聞いてみたら普通に感じることが多いと思います。

 

 

アクセントをハッキリと分かるように付けて、グルーヴィーなリズムプレイや歌うようなギターソロを演奏できるように頑張って練習してください。

 

次はアクセントの付け方なんかにも少し触れてみたいと思います。

 

それでは

 

―ギター初心者上達委員会 管理人みち―

スポンサーリンク