空間系・アンビエンス系エフェクターの種類 | ギター初心者上達委員会

空間系・アンビエンス系エフェクターとは

空間系エフェクターとは、ギターの音を出す空間をシュミレートするエフェクターです。アンビエンス系エフェクター(Ambience Effecter)とも言いますが、空間系エフェクターと言う言葉の方がなじみがあると思います。

周りにギターや音楽をやっている友達がいれば、初心者の方でも聞いた事があるかもしれません。


たとえば、ギターをあなたの部屋とライブハウスやスタジオで弾くと、音の反響が違うと思います。

まだギターを弾いた事の無い初心者や入門者の方にもわかり易く説明すると、自分の部屋で歌を歌うのと、お風呂で歌うのとではエコーのかかり方や気持ちよさが違うと思います。


また、自分の部屋で大声を出しても怒られるだけですが、山の頂上で大声を出すと山びこが返ってきます。


このように、ギターの音を出す空間をシュミレートする事で、エコーをかけた残響音や山びこのような反響音を作り出す効果のあるエフェクターを空間系エフェクター、アンビエンス系エフェクターと言います。


ギターに空間系エフェクターをかけるだけで、演奏が上手く聞えたりするので初心者や入門者の方も一つは持っていて欲しいお勧めのエフェクターです。


ただ、使いすぎは演奏の粗をごまかすことにも繋がってしまいますので、練習のときは空間系エフェクターをかけずにキッチリと弾けるように練習してくださいね。

空間系・アンビエンス系エフェクター一覧

空間系・アンビエンス系エフェクターの一覧です。細かい使い方や調整方法はリンク先をご覧下さい。


ディレイ(Delay)

ギター音に山びこのような反響音を加える効果があり、エコーのような効果をかけたり、複雑なリズムを演奏しているようにも聞かせられる、ギター初心者や入門者の方も歪みと一緒に持っていると便利なエフェクターディレイの使い方はこちら


リバーブ(Reverb)

ギター音に残響こかけ、お風呂で歌を歌っているような気持ちの良い響きを与えるエフェクターリバーブの使い方はこちら