オートワウの使い方 | ギター初心者上達委員会

オートワウとは

オートワウ(Aout Wah)は、ピッキングのアタックや音量に反応して、ワウペダルを動かしたようなトーンの変化を自動的に起こしてくれるエフェクターです。


ワウペダルトは音質に若干違いがあるものが多いですが、基本的に効果同じです。


こちらも、ギターソロやカッティングなどに使用することが多いエフェクターです。


単音カッティングなどに結構はまります。

オートワウのつまみ

オートワウのつまみは、固体によって呼び方が様々ですが、ワウの感度(反応の度合い?)を調節するつまみやワウの掛かり具合、ワウの動く方向を設定できるつまみなどが付いているものが多いです。


・ワウの反応を調整するつまみ


これは、どの程度の音量やピッキングのピークでワウが反応するかを設定するつまみです。


掛かり過ぎず、丁度いい具合が言いのですが、実際に演奏しながら設定するのが良いです。


・ワウの掛かり具合を設定するつまみ


これは、ワウを動かしたときのワウワウ具合を調節するつまみです。


踏み込むスピードをゆっくりにしたり出来ると思えばイメージしやすいでしょうか?


・ワウの動く方向を設定するつまみ


これは、オートワウが掛かるときにワウペダルを踏み込む音を出すか、踏み込んだ状態から戻す音を出すかを設定できるつまみです。


これ以外にも、メーカーや固体別に設定できるパラメータや各つまみの名前も違うものが多いですが、私も全てを把握しているわけではないので、ここでは省略させていただきます。

オートワウの使い方

オートワウは、基本的に弾くフレーズによって設定が違うと思いますが、カッティングでは実音を弾く時、ギターソロではピッキング(フルピッキングではなくレガートなプレイが前提)の時にオートワウが反応するように設定してください。


ワウワウの掛かり具合やペダルの向きは、弾くフレーズや好みで設定して頂けば良いと思います。


オートで掛かる特性上、あまり反応し過ぎるとうるさくなります。掛かり過ぎないようにつまみを上手く設定してください。