ディストーションの使い方 | ギター初心者上達委員会

ディストーションとは

ディストーション(Distortion)は歪み系エフェクターの中でも深い歪みを作れるエフェクターです。


マーシャルのハイゲインアンプやモダンハイゲインアンプと言われるようなアンプの深い歪みを出すことが出来ます。


ただし、非常に歪が強い分、深く歪ませすぎると音が細くなる傾向が強いので、歪ませすぎには注意が必要です。


音は、オーバードライブに比べるとコードストローク等で1つ1つの音が潰れて埋もれやすく鳴ってしまいますが、グランジやモダンへビィーバンド的な音も出せます。


また、音にニュアンスが付けづらいので平坦になりやすく、ダイナミクスを出すのは難しいですが、サスティン(音の伸び)が非常に良く、プリングやハンマリングの音も出やすいので、速弾きなどのハードなギタープレイやハーモにクスなどを出すのに向いています。

ディストーションのつまみ

ディストーションのつまみもオーバードライブとほとんど同じなのでここでの詳しい説明は省きます。


基本的には、ゲインとトーンとボリュームコントロールが付いています。


詳しい説明を見たい方はこちらを見てください
オーバードライブの使い方

ディストーションの使い方

ディストーションは、クランチやクリーンに近い音は作れませんので、完全にソロ用に音を作るか、ハードなバッキングに使用するくらいでしょう。


アンプでクリーントーンを作り、ソロ用の音色やディストーションによるバッキングの音色をエフェクターで作るのが一般的です。


歪み具合やボリュームの調整は、オーバードライブ以上に慎重に行ってください。


歪ませすぎた音でボリュームを上げると細くてうるさい音の音量を上げるだけになってしまいがちです。


オーバードライブと同じように、ディストーションもブースターとして使用出来ますが、ONにしただけでゲインが稼げるので、歪みはほとんど上げなくても大丈夫でしょう。