エキサイター・エンハンサーの使い方 | ギター初心者上達委員会

エキサイター・エンハンサーとは

エキサイター(Exciter)・エンハンサー(Enhancer)はギタートーンに高音の倍音成分を加える事で音にハリを出して、バンドアンサンブルの中などで引っ込んでしまったギターサウンドを前に出す効果があります。


これは、ギターを歪ませる回路を利用したエフェクターですが、基本的に原音には変化が無く、通常ギターが持っている倍音成分も強調されるので、掛け過ぎるとノイズやキンキンした耳障りな音の原因にもなります。

エキサイター・エンハンサーのつまみ

エキサイター・エンハンサーには、倍音成分の重ね具合を設定するつまみと倍音成分の強さを設定するつまみがあります。


・倍音成分の重ね具合を調整するつまみ


ミックス(Mix)などと書かれています。


上げるほど原音に対する倍音成分の比率が高くなりますが、上げすぎると耳障りになります。


・倍音成分の強さを設定するつまみ


ゲイン(Gain)などと書かれています。


上げるほど倍音が強調(高く)されます。これも上げすぎると耳障りに鳴ります。低音成分を重ねられるエキサイター・エンハンサーもあります。

エキサイター・エンハンサーの使い方

エキサイター・エンハンサーは音を前に出したい時に使用するものなので、ギターソロやイントロ・アウトロ等、ボーカルの無い部分で使用するのが一般的でしょう。


それ以外にも、オブリやおかず的なフレーズをそこだけ目立たせたい場合などに使うのも良いかもしれません。


倍音の増加により高音が強調されるので、ここぞという時に使ってみて下さい。