フィルター系エフェクターの種類 | ギター初心者上達委員会

フィルター系エフェクターとは

フィルター系エフェクターとは、ギターの周波数を変化させることで、ギタートーンを変化させるエフェクターです。


ギターの特定の音域をカット・ブースト出来るパラメトリックイコライザーやグラフィックイコライザー、ペダルの操作でトーンを可変させるワウペダル、音量に反応してワウペダルの効果を自動的に加えるオートワウ、倍音成分を加え音につやをだすエキサイター・エンハンサー、音声とギタートーンを合成してロボットボイスを作り出すボコーダーなどがフィルター系エフェクターに分類されます。


初心者や入門者の方には調整方法や使い方が難しいと思いますが、ギターの音を細かく調整出来るイコライザーや、音色に表情を与えファンキーさや泣きを演出出来るワウなど使い方をマスターしておくと非常に便利なエフェクターです。

フィルター系エフェクター一覧

フィルター系エフェクターの一覧です。細かい使い方や調整方法はリンク先をご覧下さい。


イコライザー(Equlizer)

音の周波数帯域をカット・ブーストし、ギターのトーンをアンプよりさら細かく調整出来るエフェクターイコライザーの使い方はこちら


ワウペダル(Wah Pedal)

周波数のピークをペダル操作で可変させ、ワウワウとギターがしゃべっているようなサウンドを出すエフェクターワウペダルの使い方はこちら


オートワウ(Auto Wah)

ピッキングや音量のピークに反応して周波数を可変させるワウペダルと同じ効果のエフェクターオートワウの使い方はこちら


エキサイター(Exciter)・エンハンサー(Enhancer)

ギターの倍音成分(高音域の周波数)を増幅し原音に加える事で、音を明るく前に出てくるようにするエフェクターエキサイター・エンハンサーの使い方はこちら


ボコーダー(Vocoder)

ギターの音程に音声を合成しロボットボイスを作るエフェクターボコーダーの使い方はこちら