フランジャーの使い方 | ギター初心者上達委員会

フランジャーとは

フランジャー(Flanger)は、ジェットサウンドと呼ばれるような『ジュワーッ』という音を出すエフェクターです。


リアルタイムな音の揺れと、遅れてくる音の揺れ(ディレイと同じ効果)の2つが重なる事で、ジュワーッというジェットサウンドを出します。


基本的な回路はコーラスと同じで、周波数を揺らすエフェクターですが、掛かりが非常に激しいのが特徴です。


コーラスを強く掛ける事でも、似たような効果を得る事が出来ると説明されることが多いですが、コーラスは原音+揺れた音、フランジャーはリアルタイムな揺れる音+遅れてくる揺れと音の質が違うので、コーラスでジェットサウンドと呼ばれるほどの音は出せません。

フランジャーのつまみ

フランジャーのつまみには、コーラスと同じように音の揺れの速さと掛かる深さ、そして原音と揺れた音の重ね具合を調節するつまみがあり、それ以外にも音の揺れの高さや遅れを設定するつまみと揺れ方のくせを調整出来るつまみがあるものが多いです。


・音揺れの速さ設定するつまみ


レイト(Rate)やスピード(Speed)等と呼ばれる事が多いです。


つまみを上げるほど、音の揺れが速くなります。。


・音揺れの深さを設定するつまみ、つまみを上げると大きく揺れます。


デプス(Depth)と呼ばれる事が多いです。


・原音に対して揺れた音の重ね具合を決めるつまみ


レベル(Lebel)バランス(Balance)等と呼ばれます。


・音の高さや音の遅れを設定するつまみ


ディレイタイム(Delay Time)マニュアル(Manual)などと呼ばれるつまみです。


遅れてくる揺れの高さや遅れ具合が変化します。


・揺れ方のくせを調整するつまみ


フィードバック(Feedback)ピーク(Peak)などと呼ばれるつまみです。


揺れ方のくせを決めるもので、エフェクターによって個体差があります。


フランジャーのフランジャーらしさを出すつまみで、これを上げなければくせのあるコーラス程度の効果しかありません。


このつまみの設定に、好みやセンスが出るといっても良いかもしれません。

フランジャーの使い方

フランジャーは、コーラスのように音に厚みを出すのではなく、ジェットサウンドによる飛び道具的な効果を狙うエフェクターです。


一つのパートに掛け続けると言うよりは、部分的に掛けて意外性を狙ったりする使い方が多いです。


基本的な設定の仕方は、デプス(Depth)を中間に、レイト(Rate)は若干遅めに設定し、そのうえでディレイタイム(Delay Time)を音が高くなり過ぎないようにするのが良いかと思います。


レイト(Rate)を上げすぎると、うるさいだけになってしまいますので基本的には遅めの方が良い感じになります。


ただ、どんなサウンドを狙っているかが重要なので、基本的には好みで設定していけば良いです。

フランジャーの種類

フランジャーにもアナログとデジタルのフランジャーがありますが、アナログの方が深いジェットサウンドが得られ、デジタルの方が硬質的なジェットサウンドが得られます。


この辺りは好みの問題なので、実際に試してみて下さい。