ファズの使い方 | ギター初心者上達委員会

ファズとは

ファズ(Fuzz)は歪み系エフェクターの中で、最も深く歪むをエフェクターです。


非常に倍音成分が多く含まれ、芯がある音と言うより潰れたような音がします。


グランジのようなグシャッとしたトーンでのストロークや、ハーモにクスを出しているかのようなバッキングなど、暴れるような音でかつ前に出過ぎないような音を狙って使用すると良いのでは無いでしょうか?


コードの各音が聞えるような分離感は無いので、歌やメロディーの後ろで激しいコードストロークを鳴らすような場合や、パワーコードでもアタックやパワー感とリズムを出すと言うよりは、ザクザクとした音像でマーシャルのように前に出てこないような音を出すのにも向いていると思います。

ファズのつまみ

ファズのつまみもオーバードライブとほとんど同じなのでここでの詳しい説明は省きます。


基本的には、ゲインとトーンとボリュームコントロールが付いています。


詳しい説明を見たい方はこちらを見てください
オーバードライブの使い方

ファズの使い方

ファズは、音色の変化を狙って使用するものです。歪みの回路もオーバードライブやディストーションとは違いますので、ブースターのような使い方も出来ません。


アンプでクリーントーンを作り、ファズによる音色をエフェクターで作りましょう。


音量はON・OFF時で同じになるようにセッティングし、音色の変化による音圧のバランスも考えましょう。


ファズは、音が潰れやすいため音圧が基本的に下がりがちです。