マルチエフェクターの使い方 | ギター初心者上達委員会

マルチエフェクターとは

マルチエフェクター(Multi Effecter)とは、このサイトでも紹介しているようなエフェクターが全て一つの中に入っていて、様々なエフェクト効果を組み合わせて使うことが出来る便利なエフェクターです。


エフェクトペダルやチューナー、アンプシュミレーターも内蔵されているので、これ一つあればライブもレコーディングも困らないという便利なエフェクターですが、内蔵されている全てのエフェクターが自分の好みに合うかが難しいところです。


以前は、エフェクターはコンパクトエフェクター(1台で1つのエフェクト効果があるもの)を繋いだほうが良い音がするといわれて来ましたが、最近のマルチエフェクターは非常に音質的にも優れたものが出てきているので、実際のレコーディングやライブで使用しているプロギタリストも珍しくはありません。


ただ、全てのエフェクトが自分の好みに合わない等の理由で、個別にエフェクターを揃えている方が多いのも事実です。


しかし、マルチエフェクターは自分で作った音の設定をボタン一つの操作で呼び出し、スイッチの切り替えだけで複雑なエフェクターの組み合わせも自由に切り替えられるので、ライブなどでリアルタイムに複数のエフェクターを同時に切り替えて演奏したい方などには非常に便利です。


また、スタジオやライブのたびにつまみをいじって細かい設定をする必要も無いですし、自宅で作った音を確実に再現できると言う意味ではとても優れていると言えます。

マルチエフェクターのつまみ

マルチエフェクターは、全てのエフェクターが内蔵されていますので、各エフェクターの使い方については個別のページを参照してください。


その他のマルチエフェクターの特徴としては、個体差はありますが、各エフェクターを接続する(ギターからアンプに向かって繋ぐ)順番を内部で変更できるということです。


たとえば、歪みとワウの位置を入れ替えたりということを自由に行えます。


それ以外には、複数のエフェクターを組み合わせた音を、マルチエフェクター自体に記憶しておくことでスイッチ一つで作った音を呼び出すことが出来ます。

マルチエフェクターの使い方

マルチエフェクターは、複数のエフェクターを同時に使用して演奏パートごとに切り替えたりすることが簡単なので、ライブなど1発勝負の場所で特に効果を発揮するエフェクターだと思います。


個別にエフェクターを揃えるかマルチエフェクターを使用するかは、音の事を考えれば悩むと思いますが、初心者の方は特にエフェクターを1つずつ揃えるようなお金も知識も無いと思いますので、手頃な値段のマルチエフェクターを購入して各エフェクターを掛けるとギターの音色がどのように変化するのかを覚えるのも良いと思います。


そのうえで、自分の好みに合わないエフェクターは個別にコンパクトエフェクターを揃えて行けば良いのではないでしょうか?


エフェクトの掛かり方に好き嫌いはあると思いますが、最近のマルチエフェクターであればプロが使っても問題ないくらい良い音がするものもたくさんあります。