ノイズゲートの使い方 | ギター初心者上達委員会

ノイズゲートとは

ノイズゲート(Noise Gate)は、大きい音は加工せず入力信号の小さな音をカットするエフェクターです。


ノイズリダクションが音の中の成分に常に効き目があるのに対し、ノイズゲートは大きい信号には全く効き目がないと考えると違いがわかりやすいかもしれません。


簡単に言うと、ギターを全く弾いていない状態で電気信号から来るジーッというノイズをカットし、ギターから音を出したときは入力信号が大きくなるので原音がそのまま出力されます。


ノイズゲートは、エフェクターをたくさん繋いだ場合などに起こりやすいミュート状態でのノイズなどをカットするのに使用されます。


ただ強く掛け過ぎると、ギターの音が減退して来た際の小さな音量をノイズとしてカットしてしまうので、プツッと音が途切れてしまう現象が起こります。


これもノイズリダクション同様設定がシビアなエフェクターです。

ノイズゲートのつまみ

ノイズゲートには、どの程度の音量以下の音をノイズとして処理するかと入力信号が小さくなってから音を消すまでの時間を設定するつまみが付いています。


・どの程度の音量以下の音をノイズとして処理するかを設定するつまみ


スレッショルド(Threshold)等と呼ばれます。


ノイズとして処理する音量を決めるつまみです。


ミュート(弦が振動していない)状態で、ジーッというノイズが消えるように調整すれば基本的にはOKです。


調整したら、実際にギターを演奏して違和感が無いか確かめてみましょう。


・音が消えるまでの時間を設定するつまみ


リリース(Release)などと呼ばれるつまみです。


あまり間隔が短いと、サスティン(音の伸び)が減退していく過程で急に音が途切れたりしますのでロングトーンを弾いても違和感が無い程度の長さに設定してください。


しかし、あまり長くしすぎるとミュート中の音もしばらく消えませんので適度な調整が必要です。

ノイズゲートの使い方

ノイズゲートは、ライブやレコーディングの演奏中などでMCや長いブレイク、鍵盤の前奏やベースのみのパート、ドラムのカウント中などギターを演奏していない部分での余計な電気ノイズをカットする使い方をします。


ですから、ギターをミュートした後で違和感無くノイズ成分だけが消えるように設定するのが基本です。


ギターの弦に触れる事で発生するアタック音(手が弦を触る事で発生するノイズ)の後で効き始めるくらいが丁度良いかと思います。