ノイズリダクションの使い方 | ギター初心者上達委員会

ノイズリダクションとは

ノイズリダクション(Noise Reduction)は、入力レベルの高い信号を通過させ、入力レベルの低い信号をノイズとして減退させるエフェクターです。


ギター用のノイズリダクションは、ギターの音からノイズ成分を取り除くものと説明されているものもありますが、実際には倍音や高域のバリバリとした耳障りな音を取り除く効果があります。


設定を上手くすれば、音を出した直後は倍音を含んだアタックのある明るい音が出ますが、音を伸ばすと徐々に丸みのある中域が強調された音に変化していきます。


しかし、調整が上手く出来ないと、ギターの音質自体が変わってしまったり不自然な音の減退が発生するので使い方が難しいエフェクターです。


ノイズを取り除くエフェクターとしてノイズゲート(Noise Gate)というエフェクターもありますが、原理は全く違います

ノイズリダクションのつまみ

ノイズリダクションには、基本的にどの程度の音量以下の音をノイズとして処理するかを設定するつまみが付いています。


・どの程度の音量以下の音をノイズとして処理するかを設定するつまみ


スレッショルド(Threshold)等と呼ばれます。


このスレッショルドの設定がノイズリダクションのキモともいえます。


上げるほど大きな音をノイズとして処理してしまうので、ギターの音が音楽的ではない不自然な音質や音の途切れを生んでしまう可能性があります。


上手く調整すれば、ギターから耳障りな高音成分を取り除き丸くてモコッとした中域主体のトーンにする事が出来ます。

ノイズリダクションの使い方

ノイズリダクションは、ギターの音自体がノイジーな場合に使用するエフェクターです。


アンプやスピーカーを通した音が耳障りでキンキンする場合に適度に使用すると、耳障り感が無くなる事もあります。


ただし、ギタートーン自体が加工されるので、基本的に使わなくて良いような音作りを心がけましょう。


ドンシャリ系のバッキングの上に重ねるソロなどで、わからない程度に掛けると音域の違いからソロとバッキングに分離感が出せる事もあります。