フェイザーの使い方 | ギター初心者上達委員会

フェイザーとは

フェイザー(Fhaser)は、原音に位相(トーン)を変化させた音を重ねることで『シュワー』という音を作り出すエフェクターです。


もともとは、ロータリースピーカーの効果を擬似的に再現するために作られたエフェクターですが、ロータリースピーカーとでは効果が違います。


原音に対し、周波数のピークが一定間隔で変化する事で、音が揺れて回転するように聞えます。


ギターでは、カッティングやアルペジオなどに使われる事が多いエフェクターです。

フェイザーのつまみ

フェイザーのつまみは、周波数のピークの変わる(回転の)速さと、効果の深さを設定するつまみがあります。


・周波数のピークの変わる(回転の)速さをきめるつまみ


レイト(Rate)やスピード(Speed)等と呼ばれる事が多いです。


このつまみを上げるほど、音質の変化が速くなります。


・効果の深さを設定するつまみ


デプス(Depth)やワイズ(Width)等と呼ばれるつまみです。


上げるほど、効果が深く掛かります。音質の変化の幅が大きくなると言ったほうが分かりやすいかもしれません。

フェイザーの使い方

フェイザーは、基本的にカッティングやアルペジオなど、特に音の分離感があるフレーズに使うのが効果的です。


特に、カティングに掛ける事が多く、曲のテンポに併せてピークが変化するように設定すると、よりファンキーさが増すこともあります。


ピークの変化が定期的なので、ギターソロのような単音弾きやメロディー弾きには向きません。


単純なリズムプレイに掛ける事で、効果が引き立つエフェクターです。