リングモジュレーターの使い方 | ギター初心者上達委員会

リングモジュレーターとは

リングモジュレーター(Noise Gate)は、ギターの音を全く違う音に変えてしまうエフェクターです。


シュワシュワと振動したようなモジュレーション系の音がしますが、フェイザーやコーラスのようにバッキングで使用できるような音楽的な効果ではなく、完全に音色を破壊したような音が出ます。


ギターの音と振動する周波数によって、鐘のような音が揺れるように発音されることからリングモジュレーターと呼ばれます。


コンパクトエフェクターとしては発売されているものは、私は知りませんし殆ど製品かもされていないようですが、最近のマルチエフェクターには大抵内蔵されています。

リングモジュレーターのつまみ

リングモジュレーターのつまみはフリケンシー(Frequency)とよばれる音の振動する周波数をちょうせいするパラメータがあります。


これで、振動具合を調整するだけです。


マルチエフェクター内臓のものは、ペダルを操作することでも振動する周波数を変更することが出来ます。

リングモジュレーターの使い方

リングモジュレーターは、完全にギターの音をグチャグチャにしてしまうエフェクターなので、完全に飛び道具としてかます以外には使えないと思います。


イントロで効果音的に使用したりするのが無難なのでしょうか?、歌間などで一瞬かますとか間奏でソロの前などにかましてみてもよいかも、とにかく飛び道具です。