トレモロの使い方 | ギター初心者上達委員会

トレモロとは

トレモロ(Tremoro)は、音量を一定周期で大きくしたり小さくしたりするエフェクターです。


音量が滑らかに変わるものや、急激に変わるものなど様々ですが、この音量の変わり方がトレモロを選ぶポイントです。


基本的には滑らかに変わるものの方が多いですが、ギターには急激な音程変化があるタイプの方が向いていると思います。


フェンダー(Fender)のアンプはこのトレモロが内蔵されている事でも有名で、音量の変化も急激なタイプです。


レスポールタイプのギターに、スイッチングトレモロという奏法がありますが、あれと同じような効果をエフェクターで出せると思って間違いありません。

トレモロのつまみ

トレモロのつまみは、音量変化(周期)の速さと大きさを設定するつまみがあります。


・音量変化(周期)の速さを設定するつまみ


レイト(Rate)やスピード(Speed)等と呼ばれる事が多いです。


このつまみを上げるほど、音量の変化が速くなります。


・音量変化の強さを設定するつまみ


デプス(Depth)やワイズ(Width)等と呼ばれるつまみです。


上げるほど、音量変化の幅が大きくなります。

トレモロの使い方

トレモロは、音量が変化するだけのエフェクターなので、基本的に細かいリズムやメロディーの動きが激しい弾き方には使えません。


基本的に白玉(全音符)で、コードをジャーンと鳴らすようなパートにトレモロを掛けて、音量の上下でリズムを出す使い方が多いです。


使うとレトロな雰囲気やイナタイ感じを出せ、サーフ系の音楽には良く使われます。


基本的には曲のリズムに対して、3連、8分、4分などのリズムで音量のピーク(一番大きい所)が来るように設定すると良いと思います。