ビブラートの使い方 | ギター初心者上達委員会

ビブラートとは

ビブラート(Vibrato)は、ギターテクニックにあるビブラートと同じで、音を揺らすエフェクターです。


基本的な回路は、フェイザーやコーラスと同じような構造ですが、前者は原音+エフェクト効果なのに対し、ビブラートは原音自体を揺らすエフェクターです。


ギターで使用する場合、左手でビブラートを掛けられる様な単音弾きでは使用せず、コードプレイやアルペジオなどで使用すると効果的です。

ビブラートのつまみ

ビブラートのつまみは、音の揺れの速さと大きさを設定するつまみがあります。


・音揺れの速さを設定するつまみ


レイト(Rate)やスピード(Speed)等と呼ばれる事が多いです。


このつまみを上げるほど、音揺れが速くなります。


・音揺れの大きさを設定するつまみ


デプス(Depth)やワイズ(Width)等と呼ばれるつまみです。


上げるほど、音揺れの幅が大きくなります。

ビブラートの使い方

ビブラートは上述したように、単音弾きには必要の無いエフェクターです。


コード弾きやアルペジオなど、左手のビブラートを掛けるのが難しい(綺麗に掛けにくい)フレーズに使用すると、気持ちよく聞えます。


基本的な設定としては、揺れのスピードと揺れ幅のどちらかを大きくしたら、もう一方は小さくした方が良いと思います。