ワウペダルの使い方 | ギター初心者上達委員会

ワウペダルとは

ワウペダル(Wah Pedal)は、ペダルを上下させることで強調される周波数を変化させることが出来るエフェクターです。


踏み込むとハイが強調されジャキッとした音が出て、戻すとモコッとした篭った音が出ます。


ペダルを踏み込むときの音がワウ・ワウ言うので、ワウワウ、ワウペダルと言います。


ギターソロやカッティングなどで多用されるエフェクターで、使い方で非常に個性が出せるエフェクターでもあります。


ただ、ギターを弾きながら足でのペダル操作をしなければいけないので、慣れるまでは練習が必要です。

ワウペダルのつまみ

ワウペダルには、基本的につまみはありませんが、固体によっては周波数の変化の仕方やくせをつまみで選ぶ事が出来るワウペダルもあります。


ですがほぼ大半のワウペダルは、エフェクター固体で掛かり具合は固定されていますので、実際に弾いて掛かり具合などを試して見ると良いでしょう。

ワウペダルの使い方

ワウペダルには、基本的な使い方から、プロでもなかなか知らないような企業秘密的な使い方まであります。


私も特殊な使い方はあまり知らないので、基本的な使い方をいくつか紹介します。


・8分音符の表拍で踏み込む


カッティングギターなどで最も一般的な踏み方です。


8分音符の表で踏み込み、裏で戻します。4分音符のリズムで踏むとも言えます。


これで、16分音符のカッティングを弾くと『チャカポコチャカポコ』言います。


・リズムの頭で踏み込む


ギターソロの速弾きやシーケンスフレーズなど、リズムの頭で踏み込む事で頭拍のアクセントを強調します。


このリズムの頭というのは、ドラムや曲のリズムではなくギターフレーズの頭の事で、6連符なら6連の頭、6音単位のシーケンスフレーズを16分音符で弾く場合は、6音の1音目に踏み込むと言う意味です。


・ワウペダルの半開き奏法


マイケルシェンカーが使い始めたワウペダルの使い方です。


ギターソロなどで、ワウを半分踏み込んだ状態に固定する事で、中域の強調された独特な音になります。