演奏時の運指のばたつき強制と小指の強化を狙った練習方法 | ギター初心者上達委員会

指のばたつきを強制し小指の運指強化も狙った応用練習

これまでご紹介した基礎練習を組み合わせた指の独立と小指の運指強化を同時に行う練習方です


基礎練習は音程が単調でメロディーも無いので飽きやすいですが、基礎がしっかりすると上達も早くなりますし


新しいフレーズも楽譜を見てすぐに弾けるようになったりしますので、伸び悩んでいる時こそ一息ついて基礎練習を行って見て下さい。

小指の運指強化とばたつき強制練習フレーズ

このフレーズを弾く時はギターの弦を押さえた指は次の音を弾くまでフレットから話さないようにします。


指を動かす時も必要最低限の動きでギターの指板から指の距離が1センチ以内でフィンガリング出来るように意識して下さい。


はじめは、しっかり音が出てフィンガリングも意識出来るようにゆっくりと確認出来るスピードで練習しましょう。


全てオルタネイトピッキングで演奏し、弦移動時は左手の人差し指で音が出ないようにミュートしましょう。


|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------1-2-3-4-2-3-|
|-------------------1-2-3-4-2-3-4-3-4-------------|
|-1-2-3-4-2-3-4-3-4-------------------------------|


|-------------------------------------------1-2-3-|
|-------------------------1-2-3-4-2-3-4-3-4-------|
|-------1-2-3-4-2-3-4-3-4-------------------------|
|-4-3-4-------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|


|-4-2-3-4-3-4-------------------------------------|
|-------------1-2-3-4-2-3-4-3-4-------------------|
|-------------------------------1-2-3-4-2-3-4-3-4-|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|


途中で途切れて居ますが、運指パターンはこのままずっと同じです。


このフレーズは小指を動かすことが多いので必然的に小指のフィンガリング練習になります。


また9音でひとつのパターンのフレーズなので、メトロノームに合わせて8分音符で弾くとクリックの位置が裏と表で交互に入れ替わり


ピッキングもアップとダウンが逆になるので、良いリズム練習にもなると思います。