小指から始まるレガート練習フレーズ | ギター初心者上達委員会

小指から始まるレガートの弾き方

小指のハンマリングから音を出す基本の練習フレーズです。


初心者の方には小指のハンマリングとプリングで音を出すのは大変だと思うので、出来なくても落ち込まずに長い期間をかけてゆっくり練習して下さい

小指から始まるレガート練習の基本パターン

まずはストレッチの無い基本パターンのレガートフレーズからです。


指使い的には一番簡単なので、初心者の方はまずこのフレーズで小指で音を出す感覚をつかむまで練習して下さい。


   p h h p p h p h h p p h p h h p p h p h h p p 
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-8-5-6-8-6-5-8-5-6-8-6-5-8-5-6-8-6-5-8-5-6-8-6-5-|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|

いかがでしょうか?小指の使い方が上達するのとギターが上達するのはスピードが違いますので、今はうまく出来なくても焦らなくて大丈夫です。


続いて人差し指と中指の間がストレッチするパターンです。


   p h h p p h p h h p p h p h h p p h p h h p p 
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-9-5-7-9-7-5-9-5-7-9-7-5-9-5-7-9-7-5-9-5-7-9-7-5-|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|

ストレッチが入るとまた小指で音を出すのが難しく感じるのではないでしょうか?


続いて一番難しい小指と薬指を使ったレガートパターンです。


   p h h p p h p h h p p h p h h p p h p h h p p 
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-8-5-7-8-7-5-8-5-7-8-7-5-8-5-7-8-7-5-8-5-7-8-7-5-|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|

フレーズ自体は薬指と中指でも同じ音程を出すことが出来ますが、あくまでも今回は指の使いかたを覚える練習ですので小指と薬指で弾けるように練習して下さい。