開放弦のレガート練習フレーズ | ギター初心者上達委員会

開放弦のレガートの弾き方

開放弦を使用したレガート奏法は、ノイズを出さないように演奏することが一番難しいです。


そして開放弦で指がフレットを押さえていない状態でも音を出すため、開放弦のタイミングでリズムがよれてしまいがちです。


リズムキープとミュートこの2つを徹底的に意識して練習しましょう。

開放弦を絡めたレガート練習

フレーズは全て6連符のパターンになっています。


まずは、人差し指と中指でフィンガリングする開放弦フレーズです。


   p h h p p h p h h p p h p h h p p h p h h p p 
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-3-0-2-3-2-0-3-0-2-3-2-0-3-0-2-3-2-0-3-0-2-3-2-0-|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|

Gナチュラルマイナースケールのシンプルな響きです。


続いては人差し指と薬指のパターンです。


   p h h p p h p h h p p h p h h p p h p h h p p 
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-5-0-3-5-3-0-5-0-3-5-3-0-5-0-3-5-3-0-5-0-3-5-3-0-|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|

Gペンタトニック的な響きです。ギター初心者の方でも特に難しい事は無いと思います。


最後は人差し指と小指で演奏するパターンのフレーズです。

   p h h p p h p h h p p h p h h p p h p h h p p 
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-5-0-2-5-2-0-5-0-2-5-2-0-5-0-2-5-2-0-5-0-2-5-2-0-|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|

Aマイナーペンタトニックスケールのフレーズです急に難しくなったように感じませんか?


何も弦に触れていない状態から小指で音を出すのは、余計な力が入ったり、指が無駄にバタバタしたり、ミュートも上手く出来なかったり色々とストレスを感じることが多いです。


初心者の方は、まずは一つ一つ丁寧に音を出すことを心がけ、徐々にミュートを意識してノイズを出さないように練習していきましょう。