レガートによるスケール駆け上がりフレーズ練習 | ギター初心者上達委員会

レガートによるスケール駆け上がりフレーズの弾き方

ハードロック系のギターソロなどに出てくるような6本弦にわたってレガートで駆け上がるフレーズです。


やはり弦移動時のミュート、特に低音弦や立って演奏する時はノイズが出易いですので初心者の方は特にミュートが重要だと言う事を頭に入れて練習して下さい。


弦が移動するとフィンガリングパターンが変わりますので、そこも事前に意識しながらスムーズな指使いを心がけて弾きましょう。

レガートによるスケール駆け上がり練習フレーズ

まずはメジャースケールの基本的な1弦3音のパターンで駆け上がるフレーズです。


このままだとスケールライクにただドレミを早く演奏するだけになってしまいますので


あくまでも弾き方を覚えるための練習だと言う事を理解して弾いて下さい。


実践で使用するには応用が必要です。



|-------------------------------5-7-8--------7-8-10-|
|-------------------------5-7-8-------7-8-10--------|
|-------------------4-5-7---------------------------|
|-------------4-5-7---------------------------------|
|-------3-5-7---------------------------------------|
|-3-5-7---------------------------------------------|

次はオクターブで移動して行くパターンです。


 
|--------------------------------7-8-10-|
|-------------------------7-8-10--------|
|-------------------4-5-7---------------|
|-------------4-5-7---------------------|
|-------2-3-5---------------------------|
|-2-3-5---------------------------------|

最後は少し実践的な9音パターンの練習フレーズです。



|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------4-5-7-------4-5-7-|
|-------------3-5-7-------3-5-7-------3-5-7-------|
|-------3-5-7-------3-5-7-------------------------|
|-3-5-7-------------------------------------------|



|-------------------5-7-8-|
|-5-6-8-------5-6-8-------|
|-------4-5-7-------------|
|-------------------------|
|-------------------------|
|-------------------------|

スケールによってポジション毎に指使いも変わりますので、色々なポジションやスケールで弾けるように練習して見て下さい。


ギター初心者の方はポジションだけでなく、今引いている音が何なのか音程やスケールの何番目の音を弾いているか意識して練習すると音楽的な上達が早くなると思います。