中指から始まるレガート練習フレーズ | ギター初心者上達委員会

中指から始まるレガートの弾き方

まずは、レガート奏法の中で一番簡単なポジション移動の無いフレーズで練習しましょう。


中指のハンマリングから音を出す基本の練習フレーズです。


ハンマリングとプリングのみでしっかり音を出せるように練習しましょう。

中指から始まるレガート練習の基本パターン

まずはストレッチの無い基本パターンのレガートフレーズです。


弾き方としては、ハンマリングの叩き付ける時は力を入れずにすばやく叩き付けるのがコツです。


ピッキングしないで左手のフィンガリングだけで音を出せるように練習しましょう。


どうしても最初の音が出ない場合は最初の音だけピッキングで弾きましょう。


   p h h p p h p h h p p h p h h p p h p h h p p 
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-6-5-6-8-6-5-6-5-6-8-6-5-6-5-6-8-6-5-6-5-6-8-6-5-|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|

六連符×4で一小説のフレーズですが、決して早く弾く練習ではなくしっかりとハンマリングとプリングで音が出るように練習しましょう。

使わない薬指で演奏しない弦を押さえたままで練習すると、指の独立や無駄な動きを抑える練習にもなります。


続いて人差し指と中指の間がストレッチするパターンです。


ストレッチが入るだけで、馴れるまでは無駄な力が手首に入りがちですが、ダイアトニックスケールでも当たり前のように出てくる指使いなので、力を抜いて弾けるように練習しましょう。


   p h h p p h p h h p p h p h h p p h p h h p p 
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-7-5-7-9-7-5-7-5-7-9-7-5-7-5-7-9-7-5-7-5-7-9-7-5-|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|
|-------------------------------------------------|

これは中指を指板に当てたままの弾き方だと相当きついと思いますが、非常にいい練習になると思います。


タブ譜上では人差し指が3弦の5フレットに固定したフレーズを紹介していますが、馴れてきたらどの弦やフレットでも演奏出来るように練習してみて下さい。


自分の手の大きさやフォームによって必ず演奏しやすいポジションと苦手なポジションが出てくると思います。


ギターを弾き始めたばかりの初心者の方だとハンマリングの音が出なくて落ち込む事もあるかと思いますが


実は、ハンマリングは指先にたこが当たって固くなるくらいギターを弾き込まないとしっかり音が出ません。


上級者でも、ギターの練習をサボって指先が柔らかくなってしまうと音が綺麗に出なかったりしますので、どうしても音が出ない時は指先にタコが当たるくらい(長時間弾いても指が痛くならないくらい)まずは一生懸命練習してギターを弾き込みましょう。