スライドによるアクセントの違い | ギター初心者上達委員会

スライドの位置でアクセントが変わる

ギター初心者の方は、レガート奏法と聞くと流麗でスピードのあるフレーズを弾くためのテクニックだと思ってしまいがちですが
(もちろん、ピッキングしないので早弾きにで音数を増やすのに有利という側面はあります)


ですが、音楽というのはテクニックや技術的な部分だけでなく表現ですので、初心者の間にこそアクセントやニュアンス、ダイナミクスと言われるような感覚的な部分も意識して練習したほうが音学的なギターの上達は早いと思います。


スライドを含めたレガートの練習ページでも少し触れましたが、ここでは同じ音使いのフレーズでもスライドの位置を変えるだけで聞こえ方が変わるという事を感じて見て下さい。

スライドの位置を変えて演奏する練習フレーズ

まずはこちらのフレーズを弾いて見て下さい。


既にレガート奏法の練習に紹介させて頂いたフレーズです。


   p h h p p s h h p p s h h p p h p h h p p s h h
|-------------------------------------------------
|-------------------------------------------------
|-8-5-6-8-6-5-3-5-6-5-3-5-6-8-6-5-8-5-6-8-6-5-3-5-
|-------------------------------------------------
|-------------------------------------------------
|-------------------------------------------------

 p p s h h p p h
----------------|
----------------|
6-5-3-5-6-8-6-5-|
----------------|
----------------|
----------------|

続いてこちらのフレーズを弾いて見て下さい。


   p h h s p p h h p p h h s p p h p h h s p p h h
|-------------------------------------------------
|-------------------------------------------------
|-8-5-6-8-6-5-3-5-6-5-3-5-6-8-6-5-8-5-6-8-6-5-3-5-
|-------------------------------------------------
|-------------------------------------------------
|-------------------------------------------------

 p p h h s p p h
----------------|
----------------|
6-5-3-5-6-8-6-5-|
----------------|
----------------|
----------------|

音程は全く同じなのですが、良く見て頂くとスライドの演奏記号の位置が変わっています。


上の二つの練習フレーズを交互に弾き比べてみてください。


如何でしょうか?わずかなアクセントによるフレーズの響きの違いが分かるでしょうか?


メトロノームやドラムの8ビートのリズムに合わせて演奏するともう少し分かるかもしれません。


もちろん、指の使い方が変わって弾き方も変わりますので、弾き易さも全く違うとは思いますが、どちらのニュアンスで弾いた方がメロディーや演奏が良く聞こえるを考える事がギターを弾くのには大切です。


プロギタリストの曲をコピーした時も、ニュアンスやアクセントを変えたり自分なりの音使いをする事で、オリジナリティーが生まれたりします。


初心者のうちは、音程を追ってCDに併せて演奏出来る用になる事をコピーのゴールだと思ってしまいがちですが


誰かのギターフレーズをコピーする時は、演奏しているギタリストが何を表現してそのニュアンスで弾いているのかまで完璧にコピーすることも大切です


そしてそこから、自分にしか演奏出来ないようなオリジナリティーや個性を出していくことが最も大切だということを頭の片隅に覚えて置いて下さい。