弦飛びレガート練習フレーズ | ギター初心者上達委員会

レガートで弦飛びする弾き方

弦飛びフレーズをレガートで弾く場合、隣の弦に移動するとき以上に前弾いていた弦の開放音が鳴ってしまいがちです。


ギター初心者の方は特にこのミュートが上手くいかない事が多いと思います。


弾き方としては両手の動きを連動させるようなイメージで、弦移動して左手の最後の指が弦から離れる瞬間に右手のブリッジミュートで振動させないようミュートするイメージで練習しましょう。


弦移動する事自体はレガートで演奏するのでミュートが上手くいけばそこまで苦労する事は無いと思います。

弦飛びレガートの練習フレーズ

弦移動時のスケールとフィンガリングを弦飛びに応用した練習フレーズです。


ハンマリング主体のパターンから練習して見ましょう。

   h h   h h p p   p p h h   h h
|-------5-7-9-7-5-----------5-7-9-|
|---------------------------------|
|-6-7-9-----------9-7-6-7-9-------|
|---------------------------------|
|---------------------------------|
|---------------------------------|

プリングからの練習パターンです。指使いは同じです。


   p p   p p h h   h h p p   p p
|-9-7-5-----------5-7-9-7-5-------|
|---------------------------------|
|-------9-7-6-7-9-----------9-7-5-|
|---------------------------------|
|---------------------------------|
|---------------------------------|

最後は複数弦にまたがった弦飛び練習フレーズです。


ストレッチがきつかったら高いフレットのポジションで練習してみてください。


   h h   h h p p   p p   p p h h
|-------5-7-9-7-5-----------------|
|---------------------------------|
|-6-7-9-----------9-7-6-----------|
|---------------------------------|
|-----------------------9-7-5-7-9-|
|---------------------------------|

特にギター初心者の方は、弾けないと無理な体勢になったり余計な力を入れて手を傷めたりしやすいので、無理をしない範囲で練習して下さい。