オルタネイトピッキングの弦移動16分アルペジオ練習フレーズ | ギター初心者上達委員会

オルタネイトピッキングの弦移動16分アルペジオ練習用楽譜

1〜4弦を使用したオルタネイトピッキングによるアルペジオの弦移動練習フレーズです。


ゆっくり弾くと普通のアルペジオなので、ミドルテンポの16分音符で弾くようなイメージで練習してください。


ギター初心者の方はテンポ120位を目標に、簡単だと思う方はもう少しテンポを上げて練習してみてください。


弾けない方はゆっくりテンポを落として徐々にスピードアップをしてみて下さい。


ゆっくり弾いてもアップピッキングとダウンピッキングを交互に行う事をわすれずに


連続した弦移動をオルタネイトピッキングで弾くと、移動範囲が大きくなるので力みやすいですが、スムーズに弾けるように練習する事で、ピッキングの上達が図れます。




オルタネイトピッキングの弦移動16分アルペジオ練習フレーズ楽譜1

|-------0-----------0-------------|
|-----0---0-------0---0-------0---|
|---2-------2---2-------2---2---2-|
|-0-----------0-----------0-------|
|---------------------------------|
|---------------------------------|


オルタネイトピッキングの弦移動16分アルペジオ練習フレーズ楽譜2

|-------0-----------0-----------0-|
|-----0---0-------0---0-------0---|
|---2-------2---2-------2---2-----|
|-0-----------0-----------0-------|
|---------------------------------|
|---------------------------------|

1も2もDm9のアルペジオを使用して、ピッキングの練習に集中できるように運指は簡単にしてあります。


16分音符で弾けば上記の譜例で1小説なので、これを延々と繰り返す感じですね。


楽譜2のパターンの方が、最後の1弦から4弦に戻るのが少し難しいかな?位で殆ど同じです。


1と2を交互に弾いても良いと思います。


飽きたら自分の好きなコードのアルペジオや、コード進行で指使いを変えていくようなフレーズで練習するなど色々応用できると思います。


コツは、弦移動を意識しすぎないように、1本の弦のオルタネイトピッキングをするようなつもりで手首をリラックスして弾きましょう。


手首をブラブラさせたまま右手のピッキングポジションを移動して弦移動に対応していくようなイメージですね。