アウトサイドピッキングによる弦移動アルペジオ練習フレーズ | ギター初心者上達委員会

アウトサイドピッキングによる弦移動アルペジオ練習用楽譜

アウトサイドピッキングによるアルペジオの練習フレーズです。


アウトサイドピッキングは、弦を移動する際に、弦の外側をピッキングするピッキングパターンの事です。


低音弦をダウンピッキングで弾いたら高音弦をアップピッキングでオルタネイトピッキングで弾く事ですね。


このピッキングパターンの特徴は弦移動がしやすい事、特に移動する弦の間に弾かない弦が有る場合


例えば4弦を弾いて次に1弦を弾きたい場合等


4弦をアップピッキングで弾いて、1弦をダウンピッキングで弾くと、弾く必要の無い2弦や3弦にピックが当たりやすく、ミスしやすいですが


外側を通る事で、ミスピッキングし難く演奏もスムーズに出来やすいという特徴があります。


なので、あえてこのアウトサイドピッキングになるようにピッキングパターンを変えて弾く事もあります。


紹介する練習フレーズはダウンピッキングからオルタネイトピッキングで弾けば全てアウトサイドピッキングになるように出来ていますので深く考える必要はありませんが、4弦をダウンピッキング、それ以外の弦をアップピッキングで弾くようになっています。


移動する弦が毎回変わるので、弦移動の間隔が変わっても同じようにリズムキープしながらスムーズに弾ける事が重要です。




アウトサイドピッキングによる弦移動アルペジオ練習フレーズ楽譜

|---------------0-----------------|
|-------0-----------0-------0-----|
|---6-------6-----------6-------6-|
|-4---4---4---4---4---4---4---4---|
|---------------------------------|
|---------------------------------|


コードはF#m7(11)というコードになっています。


といっても、マイナー3rdを弾いていないのでマイナー7thコードと言うよりは、ドミナント7thのsus4的な響きもするボイシングですね。


まあ、ここではピッキングの練習が主なので理論的な話は置いておきます。


B`zのRUNという曲のイントロで弾かれているアルペジオと同じ押さえ方なので、響きを聞いたことがある方も多いかもしれませんね。


如何でしょうか、慣れてくると素早く弦移動するフレーズでもミスなく弾く事が可能になります。


ギター初心者の方は、弦移動が激しい時にアップピッキングで弾きたい弦にうまくピックが当たらない事が有ると思いますので


まずは、しっかり弦を弾く順番を頭に入れて、しっかり弾く弦を見て右手が正確な位置に移動できるように練習してください。


上達してくれば、弦の間隔を体が自然に覚えてくるので、そうすれば素早い弦移動も手元を見ないで演奏出来るようになりますよ。


アルペジオは自分の好きなコードやコード進行に合わせて練習しても問題ありませんので応用してみてください。


ピッキングパターンを変えてみるのも良い練習方法です。